「令和6年能登半島地震」への支援について ― エコロモ キャンペーンなど衣料品回収の収益金を寄付 -(1月22日更新)

1月1日に発生した令和6年能登半島地震により犠牲となられた方々に心よりお悔やみ申し上げますとともに、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

ワールドグループは、被災された方々や被災地の復興支援活動に向けて、「ワールド エコロモ キャンペーン」や「グループ社員によるエコロモへの参加」の収益金を令和6年能登半島地震の義援金として寄付を行います。

ワールドグループの衣料品回収は “衣料品の価値を無駄なく活かし、環境負荷の低減を目指す”お客様の不用な衣料品をお引き取りする取り組みとして2009年から継続しております。今回は全国の店頭に加えて、同グループの(株)ナルミヤ・インターナショナルをはじめ、グループ各社の事業所でも「エコロモ 回収ボックス」を設置し、回収した衣類はリサイクルパートナーに販売し、収益金はこれまでの寄付先に加え日本赤十字社の「令和6年能登半島地震災害義援金」として被災された方々に届けられます。

なお収益金の金額は、実施済みとなる2023年秋冬の収益金を3月に、2024年の春夏の収益金を8月にコーポレートサイトおよびプレスリリースで開示いたします。

ワールドグループは、今後も継続的に支援活動を行ってまいります。
グループ社員一同、被災地の一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

ワールドグループの衣料品回収について  https://corp.world.co.jp/csr/pdf/world_ecoromo.pdf

「エコロモ」とは、“エコロジー”と“衣(コロモ)”をかけ合わせたワールド独自の造語です。2009年の開始以降、環境に対する関心や社会貢献につながる消費の高まりにより、多くのお客様から賛同をいただき累計1,794万点以上をリサイクルしてきました。リサイクル方法も時代と共に進化させ、2011年秋冬からはリサイクルパートナーと連携し、衣料品のリユース(再利用)につなげ、収益金は支援を必要としているこども達の未来のための寄付として、これまでの総額は1億 891万 5,498円(23年度)にのぼります。なお、今後2030年までに1,000万点(年 ※)の回収と活用を目指しております。


※エコロモ キャンペーンとサーキュラー事業(二次流通)での回収枚数