責任感を持って取り組み、積極的に提案 責任感を持って取り組み、積極的に提案

PEOPLE 社員インタビュー

tk.TAKEO KIKUCHI デザイナー
松尾 僚太
MATSUO RYOTA

2016年 株式会社ワールド 専門職入社

  • 2016年
  • 2019年

今、どんな仕事をしていますか?

職種はデザイナーです。生地の選定~物が出来上がるまでに携わります。自分のイメージがゴールになるので、自分のイメージを伝えられるコミュニケーション能力が求められます。お客様に「格好いい、着たい」と思ってもらえるように、作ったその後にも工夫が必要です。商品の演出・展開の方法にも提案を行う時もありますし、店頭のメンバーには商品説明を行います。
商品が作られ、お客様の元へ届くように、伝播していく「熱」を求められるポジションです。

あなたの仕事のやりがい/面白さを自慢してください!

私の仕事のやりがいは「やりたい事が出来る」という事です。
生地であれば糸やその前の原料から開発したり、織りや編みをまだ見たことのない形に出来ますし、全く新しいデザインのアイテムを提案する事も出来ます。 多彩な分野から人が集まりアイデアを出し合う事で見たことのない化学反応が起こり、非常に刺激的です。
そして、その商品が多くのお客様に共感頂けた瞬間が最も嬉しいです。商品が形になるまでは悩みやプレッシャーもあります。だからこそ、共感して頂けた時には非常に嬉しく思います。

ワールドを選んだ理由 ここが好き

私がワールドを選んだ理由はTAKEO KIKUCHIがあったからです。
通常は入社後にブランド配属が決まりますが、私の場合は、配属先の限定された少々変則的な募集での採用でした。 なので、TAKEO KIKUCHIがあったからという事が大きいです。
ですが、今ではワールドという会社がとても好きです。好きになった理由はワールドの”人財”です。 先輩の方々はとても親切で、仕事に積極的ですが威張ることはなく、ありがとう、という感謝を忘れません。そうした方々に囲まれて、非常に恵まれた環境だと思います。

どんな人と一緒に働きたいですか?

仕事に対しても、人に対しても、誠実な人。
議論の際に自身の意見を通すためではなく、より良い方向へ向かうための議論が出来る人。自分を持っている人。

インタビューの一覧へ

他のインタビューを読む

ワーキングマザー対談

ワールドグループには、産休・育休を経て
復職するスタッフが多く在籍しています。
ここでは実際のワーキングマザーの声をご紹介します。

ワーキングマザー対談を読む