ホーム > 商品と素材の基礎知識 > 素材の知識 > モールヤーンって何?

素材の知識

Qモールヤーンって何?

シェニール(フランス語で毛虫の意)糸やビロード糸ともいわれ、糸全体に直立した毛羽のある、飾り撚糸の一種です。

Aモールヤーンは、糸全体に直立した毛羽のある、飾り撚糸の一種です。

モール糸の作り方

2本の糸を撚って(撚糸)いく際に、他の糸を巻き付けていき、次に、その巻き付けた糸をナイフでカットします。すると、切られた糸が四方に広がり、下図のようなモールができます。

ポイント
※ 熱融着繊維
110℃~120℃の熱を加えると、糸が溶け、接着剤としての役目を果たします。花糸が抜けることを防止する目的で使用しています。(東レのエルダー、ユニチカのフロールなど)

モール糸の特性

  • 立毛タイプの糸だから、肌ざわりがよい。
  • 太い糸ができる。
  • ざっくりとした粗い組織ができる。
  • 花糸に方向性があり、一度飛び出すと戻りにくい。(クリーニング時の注意が必要)
  • 着用時、糸を引っ掛けやすい。
  • 摩擦により、花糸が抜け、脱落する。

モール糸が飛び出してしまったら…

表側に出た糸を、かぎ針などで少しずつ元の組織に戻したり、裏側に引っ張りこんで隠してしまいます。表からはほぼわからなくなります。