ホーム > ニュースリリース > 事業ニュース > キーワードは信念、情熱、涙、仕事、ファッション、一生懸命 全3話のヒューマン ショートドラマ 『アクアガールズ』 4月15日(水) から順次公開

事業ニュース

2020/04/15

キーワードは信念、情熱、涙、仕事、ファッション、一生懸命
全3話のヒューマン ショートドラマ 『アクアガールズ』
4月15日(水) から順次公開

ワールドグループのセレクト系ブランド事業を展開する、株式会社インターキューブは、この春、オリジナルの短編ショートドラマ『アクアガールズ』を企画・制作し、4月15日(水)に第1話をYouTubeで公開、以降、4月21日(火)に第2話、4月27日(月)に第3話を公開予定です。

1話ごとに9分から15分で構成するショートドラマは、"涙、心揺さぶる感動が人生を彩る"をテーマに、憧れのアパレルメーカーに入社したひとりの新入社員 碧(あおい)が働き、成長をする奮闘の日々を描いたヒューマンドラマです。
このドラマは、主人公 碧と同世代の女の子はもちろん、年齢や世代を超えて、働いたことのある方誰もが共感いただけるストーリーに仕上げ、期待や不安でいっぱいになる新年度のこの時期に公開することで、夢の実現に向けて前に進む皆にエールを送りたい、という思いを込めています。

ドラマのロケ地として、ワールド北青山ビルも多く登場し、リアリティーあるアパレルメーカーの姿が映し出されているのも必見で、情熱を傾ける碧の姿は、まさに新しいファッションを生み出す社員の姿でもあります。ひとりでも多くの方にご覧いただきたいこのドラマは、「アクアガール」の公式サイトやSNSを通して広く発信していきます。

アクアガールズ

WORLD Fashion Channel

株式会社ワールド ショートドラマ企画

テーマ
涙、心揺さぶる感動が人生を彩る
ジャンル
ヒューマン
9分~15分×3話
4月 15日 (水) 第 1 話
4月 21日 (火) 第 2 話
4月 27日 (月) 第 3 話
キーワード
信念、情熱、涙、仕事、ファッション、一生懸命

情熱社員の、汗と涙の仕事奮闘記。

株式会社ワールド の社員・碧(あおい) 。一途で活発な碧が会社に入った理由は、
「姉の渚が好きだったアクアガールの服を作っている会社だから」
ついに念願の「アクアガール」への異動が決まり、MDアシスタントの仕事が始まった。
異動して間も無く、「アクアガール」のブランド25周年企画に、期待と緊張を抱きながら碧も参加することに。
思い出の中での、姉のドレス姿から着想を得て、コレクションブランド、「シクラス」とのコラボレーションを企画する。
しかしそこには、カリスマデザイナーと呼ばれるこだわりの強いブランドディレクター三浦澪が立ちふさがり、
「コラボはやらない」「忙しい」「工場のラインを空けられない」と門前払いされる。
回想される姉とのやりとり。姉がかけてくれた言葉が、碧を突き動かす。市場調査、トレンド調査、商品コスト、
スケジュール等、上司や同僚と時にはぶつかり、時には助け合いながら
碧は企画書を練り直し、何度も何度も「シクラス」へと出向く。
感情豊かに愚直に、プロジェクトの成功を目指し一生懸命に向かってゆく碧の情熱が「感動こそ人生であると」
我々に改めて思わせてくれる。想いが、人生を彩るのだ。

登場人物
(全員の名前が アクア(水) に由来しています)

水澤 碧 (井桁 弘恵)
26才
株式会社ワールドのアパレルブランド「aquagirl」のMDアシスタント。
愚直。素直。表情豊か。ナチュラルな容姿と性格なので、誰とでもすぐ打ち解け
周囲の人間に好かれるが、頑固なところがある。
また、努力家で負けず嫌いな面があり、やる気になったらそれしか見えなくなる。
勘違いや空回りが多いので無駄な作業が多く、社内ではダメキャラとして扱われることもあるが、
愚直さが導く奇跡には光るものがある。
姉を目標にしており、一生懸命に仕事に打ち込み、彼女なりに努力しているものの、
到達するのは随分先と思われる。
三浦 澪 (岩岡 徹)
33才
業界でも一目置かれる、人気ブランド「シクラス」のカリスマデザイナー兼ディレクター。
そして更に男前。利益や商売よりもプロダクト優先の考え方を持ってしまう事が多々あるが、
むしろそこがブランドコンセプトを強め、マーケットの支持を得ている。
理想とプライドが高く、ハードルを下げずに接するので、
他人に厳しくなってしまうが、一途で一生懸命な人間には優しいといった一面もある。
浜田 岬 (吉田 志織)
26才
「aquagirl」のMDアシスタント。
碧と同い年だが、先に配属されていたため先輩であり、
そこは本人としても大事らしく、意識的に線を引いている。
要領が良く地頭が良い。仕事をそつなくこなすので、
先輩にも一目置かれているが、気分屋で飽き性なところもある。
ちょっとずる賢く、普段碧の事をからかっているが、愚直さが導く奇跡と
一生懸命な姿には一目置いている。
池上 泰子 (沢井 美優)
37才
「aquagirl」のMD課長。碧、岬の上司。
内面も外見も、サバサバした男の様な上司であり、
社員の信頼が厚い。常に売り上げ優先でお客様心理を重視。
優しい語り口の中に時折発する決め台詞、
「ちゃんと売れる物考えてね」「売れるかな」には、
部下の時を止める力がある。
清川 健藏 (志垣 太郎)
65歳
飄々と悠々とした性格。社内のグリーンアメニティに早朝から水をやったり、
社内の蛍光管の取り替えを総務部に断りを得ずにやっているような、ちょっと変で謎な老紳士。
碧と親しく、悩み相談などに対して大いなる助言を与える。
碧にキヨさんと呼ばれタメ口をたたかれているが、実は会長である。

「アクアガール」オフィシャルサイト: https://store.world.co.jp/s/brand/aquagirl/

SNS

instagram:aquagirl_official

facebook: aquagirl

LINE:

aquagirl LINE アカウントを開くQRコード

実施会社概要

社名 株式会社インターキューブ INTERCUBE
本店所在地 東京都港区北青山3-5-10 ワールド北青山ビル
代表者 靏 博幸