ホーム > ニュースリリース > 企業ニュース > ジャパンラグビー トップリーグ「リコーブラックラムズ」 2020年度公式オフィシャルスーツに ワールドグループ「UNBUILT TAKEO KIKUCHI」を採用

企業ニュース

2020/01/09

ジャパンラグビー トップリーグ「リコーブラックラムズ」
2020年度公式オフィシャルスーツに
ワールドグループ「UNBUILT TAKEO KIKUCHI」を採用

株式会社リコーの企業スポーツチームで、ジャパンラグビー トップリーグに所属する「リコーブラックラムズhttps://blackrams.ricoh/」は、ワールドグループが展開する次世代のビジネスシーンにスマートな働き方を提案するメンズブランド「UNBUILT TAKEO KIKUCHI (アンビルト タケオキクチ)https://unbuilt.jp/」のセットアップ(ジャケット+パンツ)を2020年度公式オフィシャルスーツに採用しました。


ONスタイルのオフィシャルスーツ

1953年に創部した「リコーブラックラムズ」は、「仕事とラグビーの両立」、「社会への貢献」、「敬意と尊重」、「あくなき勝利への執念」をチームコンセプトに、ラグビーを通じ「会社」「地域社会」に活力と感動を与えることをミッションとしています。リコーグループでは、経営課題の最重要項目の一つとして「働き方変革」を推進しており、「リコーブラックラムズ」の選手も仕事とラグビーを両立しています。リコー社員として働く際や、ラグビー選手として公式行事や移動の際にはスーツを着用しています。このたび、「リコーブラックラムズ」は2020年度公式オフィシャルスーツに「アンビルト タケオキクチ」の強ストレッチ性で防シワ性の高い素材を使用したセットアップを採用しました。ラグビー選手の多様な体型に合わせたパターンオーダーで製作された快適な着心地と、ビジネスシーンに適したジャケットとパンツのスマートなスタイルを実現しています。

「アンビルト タケオキクチ」は、デジタル技術を活用した在庫を持たないサステナブルな“D to C(Direct-to-Consumer)”ブランドで、次世代ビジネスマンをターゲットに、働き方改革でカジュアル化が進むビジネスシーンに対応した、セットアップ(ジャケット+パンツ)を軸とした新しいコーディネートを提案しています。リコーは、このようなサステナブルな取り組みに賛同しています。


OFFスタイルのオフィシャルスーツ

「リコーブラックラムズ」2020年度オフィシャルスーツ


リコーブラックラムズ : https://blackrams.ricoh/


アンビルト タケオキクチ : https://unbuilt.jp/

ONもOFFもオフィシャルスーツで格好良く

"はたらくをよりスマートに"を表現した最先端のワークスタイル。ジャケットとパンツのスマートセットアップスタイルは、ONのオフィシャルな場面ではネクタイ、シャツに革靴できっちりとドレッシーに勇ましく、OFFではインナーをTシャツやニットなどにチェンジしてスニーカーと合わせることで、スタイリッシュでありながらリラックスした着心地を提供。遠征時など移動の際、長時間着ていても動きやすいよう、強ストレッチ性で防シワ性の高い素材を使用しています。


裏地にも遊び心を取り入れ、
スタイリッシュさを演出

ラグビー選手の多様な体型に合わせてパターンオーダー、メード・イン・ジャパンで製作

「アンビルト タケオキクチ」はDtoC(Direct-to-Consumer)ブランドとして、オーダーを受けてから国内工場で生産し、最短10日でお届けする在庫を持たないサステナブルなビジネスモデル。通常は、初回に店舗で採寸し、2回目以降はWEBで気軽に注文できるのが特徴です。今回は、「リコーブラックラムズ」の選手、コーチ、スタッフの一人ひとりを採寸し、ラグビー選手の多様な体型に合わせたパターンオーダーで製作。縫製は、ワールドグループのメンズ主力ブランド「タケオキクチ」のメイン工場である、センチュリーテクノコアの弘前工場で一貫生産しています。