ホーム > ニュースリリース > 企業ニュース > ワールド北青山ビルを起点にした『クリエーターズサポートプログラム』 若手クリエーターとユーザーを繋ぐ 「246st MARKET」開催 9月14日(土)~9月23日(月・祝)の10日間

企業ニュース

2019/09/02

ワールド北青山ビルを起点にした 『クリエーターズサポートプログラム』
若手クリエーターとユーザーを繋ぐ「246st MARKET」開催
9月14日(土)~9月23日(月・祝)の10日間

株式会社ワールドは、今期からスタートさせた“次世代ファッション業界の多様なアイデア・チャレンジを支援”することを目的とした『クリエーターズサポートプログラム』の一環として、注目のスタートアップブランドを集めたPOP-UP型百貨店「246st MARKET(ニイヨンロク ストリートマーケット)」を、9月14日(土)から23日(月・祝)の10日間、ワールド北青山ビル(港区北青山3-5-10)、1階で開催します。

会期中会場には、ファッション・クリエイティブ・ディレクターの軍地 彩弓氏がサステナブルの観点でキュレーションしたファッション、服飾雑貨、飲食の15ブランド が並び、作り手であるデザイナーやクリエーターは、来場したお客様に自分たちの想いを伝えながら、販売します。


ワールド北青山ビル1Fにスタートアップブランドが並ぶ 「246st MARKET」(イメージ)

ワールドグループが次世代のファッションに向けた多様なアイデア・チャレンジを支援

ワールドは、今期からワールド北青山ビルを起点に、ワールドグループのプラットフォームを開放し、モノづくりから販売までをワンストップで提供する『クリエーターズサポートプログラム』を開始しました。
8月には同ビル地下1階に、工業用の様々な縫製機器を配備した“クリエーターズラボ”を開設するなど、今後、ワールドグループのプロ人材と双方向で刺激を受け合いながらクリエーションを高める環境を創り上げます。今回の「246st MARKET」は、次世代を担うスタートアップブランドと消費者を繋ぐ場として、この取り組みを具現化するものです。

会場を構成する什器も、リユース可能な“サステナブル”をテーマに演出

「246st MARKET」がコンセプトに掲げる“サステナブル”は、会場演出においても、環境負荷とコストを極力抑えた空間で、作り手の想いと買い手のニーズを繋ぎます。今回は、コワーキングスペース、シェアハウス、オフィスやセレモニースペースのように、様々な人々が集い交流のハブになるような場所の設計を多く手がける建築家 百枝 優氏が本プロジェクトのためにデザインしたリユース可能な什器を使用。屏風型の側板とフレキシブルな棚板の組み合わせでできており、収納時は屏風のように折り畳むことができます。

『246st MARKET』 開催概要

日程 2019 年 9 月14 日(土)~23 日(月・祝)の10 日間
時間 平日 12:00~18:00
土日祝 11:00~18:00
場所 ワールド北青山ビル (東京都港区北青山3-5-10)
※入場無料
  • ※ 出店・販売期間はブランドによって異なります。
  • 会期中のイベントとして、トークショーやワークショップなどを予定しています。
    最新情報は「246st MARKET」公式ウェブページhttps://www.246stmarket.com/で随時更新します。

エグゼクティブ・キュレーター

ファッション・クリエィティブ・ディレクター 軍地 彩弓(ぐんじ・さゆみ) 氏

株式会社gumi-gumi代表。雑誌『Numéro TOKYO』のエディトリアルアドバイザーから、ドラマ「ファーストクラス」(フジテレビ系)のファッション監修や「直撃LIVEグッディ!」(フジテレビ系)のゲストコメンテーター、「東洋経済オンライン」、「ハフポスト」などのWEBメディアでコラム執筆など、幅広く活躍している。

ポップアップ家具デザイン・制作

建築家 百枝 優(ももえだ・ゆう)氏
百枝優建築設計事務所主宰。九州大学非常勤講師。

1983年長崎に生まれる。2006年九州大学芸術工学部卒業。2009年横浜国立大学大学院 / 建築都市スクール Y-GSA修了。隈研吾建築都市設計事務所勤務の後、2014年百枝優建築設計事務所を設立。主な作品に「Agri Chapel」「Four Funeral Houses」「Bottomless Window」など。主な受賞歴としては、AR Emerging Architecture Awards準大賞、Leaf Awards準大賞、日本建築学会作品選集新人賞、SDレビュー新人賞がある。