ホーム > ニュースリリース > 企業ニュース > 被災地への支援に関するお知らせ

企業ニュース

2018/10/12

被災地への支援に関するお知らせ

「平成30年7月豪雨」並びに「平成30年北海道胆振東部地震」により、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。被災地の一日も早い復旧をお祈り申し上げます。
ワールドグループでは、被災された皆さまの状況を慮り、社会貢献活動の一環として、以下の支援を行いました。

1.「平成30年7月豪雨」で被災した岡山県倉敷市真備町への支援物資

当社グループでは、平成30年7月豪雨の発生後から、被害の大きい岡山県、広島県、愛媛県の各自治体の要望をお伺いし、衣料品の支援を出来る体制を整えました。
この度、岡山県倉敷市役所からご要望のあった同市真備町に、下記のとおり支援物資として秋冬物衣料品を寄付致しました。

支援事業会社、ブランド名  
 (株)フィールズインターナショナル 「アンタイトル」「コルディア」「リザ」
 (株)エクスプローラーズトーキョー 「タケオキクチ」「ティーケー」
 (株)スタイルフォース 「ザ ショップ ティーケー」「オペーク ドット クリップ」
「ハッシュアッシュ」「オゾック」「インデックス」「サンカンシオン」
 (株)アルカスインターナショナル 「シューラルー」「グローブ」「オルベネ」
 (株)ピンクラテ 「ピンクラテ」
支援内容:衣料品 3,982枚(内訳:婦人服 2,272枚、紳士服 567枚、子供服 1,143枚)  
お届け先:真備総合公園 体育館(岡山県倉敷市真備町箭田2208−1)  
到着日:10月5日(金)  

2.「平成30年北海道胆振東部地震」への募金活動

9月14日(金)から16日(日)に東京で、9月21日(金)から23日(日)に神戸で実施しました「ワールドファミリーセール」の会場にて、「平成30年北海道胆振東部地震」の募金活動を行いました。お客様から募金いただいた253,105円は、10月10日(水)付で、日本赤十字社北海道支部「平成30年北海道胆振東部地震災害義援金」に寄付いたしました。

3.「ワールド エコロモ キャンペーン」の被災地への寄付

当社グループでは、“リユース、リサイクルを通じて衣料品の価値を最後まで無駄なく活かすこと”を目的に、平成21年(2009年)秋より、社会貢献活動の一環として、お客様の不用な衣料品をお引き取りする「ワールド エコロモ キャンペーン」を実施し、収益金を福島県「東日本大震災ふくしまこども寄附金」、宮城県「東日本大震災みやぎこども育英募金」、「あしなが育英会(遺児奨学資金)」、「チャイルド・ケモ・サポート基金」といった、支援を必要とするこども達の未来に役立てるために寄付を続けています。

2018年春夏に開催したキャンペーンでは、上記の寄付先に加えて、被害の大きかった広島県(寄付先:平成30年7月広島県豪雨災害 義援金)、岡山県(寄付先:平成30年7月豪雨岡山県災害 義援金)、愛媛県(寄付先:愛媛県豪雨 災害義援金)の各自治体に、9月28日(金)付で、それぞれ100万円を寄付いたしました。
また、現在開催中の2018年秋冬キャンペーンにおいても、引き続き、広島県、岡山県、愛媛県への寄付を継続することに加え、北海道へも寄付を行う予定です。

以上