ホーム > ニュースリリース > 企業ニュース > “不用になったお洋服で社会貢献” これまでに累計1,100万点以上をお引き取り 2018年秋冬の「ワールド エコロモ キャンペーン」 ~9月5日(水)から、全国の百貨店、ショッピングセンターで順次開催~

企業ニュース

2018/08/24

”不用になったお洋服で社会貢献„これまでに累計1,100万点以上をお引き取り
2018年秋冬の「ワールド エコロモ キャンペーン」
~9月5日(水)から、全国の百貨店、ショッピングセンターで順次開催~

eco romo

「エコロモ」とは、“エコロジー“と“衣(コロモ)“を合わせたワールドグループ独自の造語です。ワールドグループでは、社会貢献活動の一環として、2009年からリユース(再利用)・リサイクル(再資源化)を通じて“衣料品の価値を最後まで無駄なく活かすこと“を目的に、お客様のタンスやクローゼットの奥で眠っていたご不用な衣料品をお引き取りする「ワールド エコロモ キャンペーン」を、春夏と秋冬の年2回、実施しています。
20回目となる2018年秋冬キャンペーンは、9月5日(水)より、全国の百貨店68ヶ所※で、また、ショッピングセンター、アウトレットモール16ヶ所※で順次開催します。実施期間、実施店舗の最新情報は、決まり次第、キャンペーンサイトでご案内いたします。

  • ※ 8月24日時点の開催予定

たくさんのお客様にご賛同いただき、これまでに累計1,100万点以上をお引き取り

「私の手から 次の手へ もう一度輝く 私の服」をキャンペーンのテーマにサスティナブルな取り組みとして、多くのお客様にご協力いただけるよう、当社製品以外の衣料品も引き取り対象としており、2018年春夏開催分までの累計で1,106万141点の衣料品を回収してリユース・リサイクルしてきました。また、衣料品をお持ちいただいたお客様には、お引き取りした百貨店ならびにショッピングセンター、アウトレットモール内のワールドグループのショップで一定期間利用可能なOFFチケットを衣料品と交換し、お買い物にご利用いただいています。お客様からは、「着なくなった洋服で社会貢献ができる」「エコにつながり、更にOFFチケットでお得な買い物ができてうれしい」「衣替えの時期にクローゼットやタンスの整理ができるのでこれからも継続して欲しい」といったたくさんの賛同の声をお寄せいただいています。

2018年春夏開催の収益金は「平成30年7月豪雨」で被災された広島県、岡山県、愛媛県にも寄付

「ワールド エコロモ キャンペーン」は、2011年度より、キャンペーンの主旨に賛同するリサイクルパートナーと連携し、衣料品のリユースを行うと共に、収益金を福島県「東日本大震災ふくしまこども寄附金」、宮城県「東日本大震災みやぎこども育英募金」、「あしなが育英会(遺児奨学資金)」、「チャイルド・ケモ・サポート基金」といった支援を必要とするこども達の未来に役立てるために、これまでに総額7,759万5,718円を寄付しています。
終了した2018年春夏キャンペーンでは、たくさんのお客様にご協力いただき、106万6,656枚の衣料品を回収しました。収益金については、これまでの寄付先に加えて、「平成30年7月豪雨」で被害の大きかった広島県、岡山県、愛媛県の各自治体にも寄付することを決定しており、準備が整い次第、9月下旬までに寄付の手続きを行います。


2017年秋冬キャンペーンを代表し、株式会ワールドストアパートナーズの社員が寄付の目録を贈呈
写真:左上「東日本大震災みやぎこども育英募金」、右上「東日本大震災ふくしまこども寄附金」
左下「あしなが育英会(遺児奨学資金)」、右下「チャイルド・ケモ・サポート基金」

2018年秋冬「ワールド エコロモ キャンペーン」実施概要

2009年にキャンペーンがスタートした当初、回収した衣料品は、バイオエタノールや産業用固形燃料にリサイクルしていました。しかし、お客様からお引取りした衣料品はきれいで、まだまだ洋服として魅力があるものがたくさんありました。そこで、ファッションアパレル企業としていろんな人の手を経てお客様にお届けした洋服を、切り刻んだり燃やしたりして新たな資源に生まれ変わらせるのは、最後の最後に取っておいてもいいのではないかという思いが強くなり、東日本大震災をきっかけに、衣料品の処理方法を、リサイクルパートナーを通じた「リユース」に変更しました。キャンペーンにご協力いただくお客様には、次に着用される方に喜んでいただけるよう、汚れやしみ、破れ、穴あき、ほつれ、毛玉の無い状態の衣料品をお持ちいただくようお願いしています。

 百貨店ショッピングセンター/
アウトレットモール
実施期間 9月5日(水)~順次開催
  • ※ 引き取り期間は店舗によって異なります
開催日程が決まり次第、キャンペーンサイトでお知らせします。
  • ※ 引き取り期間は店舗によって異なります
実施店舗 全国の百貨店68ヶ所を予定 全国のショッピングセンター、アウトレットモール16ヶ所を予定
引き取り
対象
衣料品(婦人服、紳士服、子供服)
  • ※ マフラー、ストールも引き取り対象
衣料品(婦人服、紳士服、子供服)
ファッション雑貨(靴、バッグ、帽子、マフラー、ストール、ベルト、ネクタイ)
引き取り
点数
お一人 15点まで 制限なし。
ただし、OFFチケットとの交換はお一人15枚まで
OFFチケット
配布
税込1,080円OFFチケット
税込5,400円毎に1枚、利用可能
税抜き500円OFFチケット
税抜き3,000円毎に1枚、利用可能
寄付先 福島県「東日本大震災ふくしまこども寄附金
宮城県「東日本大震災みやぎこども育英募金
あしなが育英会
チャイルド・ケモ・サポート基金
  • ※ 2018年秋冬は、広島県「平成30年7月広島県豪雨災害義援金」、岡山県「平成30年7月豪雨岡山県災害義援金」、愛媛県「愛媛県豪雨災害義援金」にも寄付をいたします。
リサイクル
パートナー
株式会社WELL、株式会社國光、日本ファイバー株式会社、株式会社買取王国、キムラセンイ株式会社、株式会社Kurokawa、株式会社イー・エフ・オー、共栄繊維株式会社、株式会社ABJ、株式会社ミーツ・クロージング、株式会社east
  • ※ 8月24日時点の開催予定。日程等は、決定次第、随時、キャンペーンサイトで告知します。
  • ※ 百貨店開催とショッピングセンター開催では引き取り対象アイテムが一部異なります。
  • ※ OFFチケットは非売品のため、転売やネットオークション等での販売は禁止しています。
《参考》
寄付先と寄付総額
寄付先寄付総額寄付期間
福島県(東日本大震災ふくしまこども寄附金) ¥31,457,481 2011年秋冬~継続
宮城県(東日本大震災みやぎ子ども育英募金) ¥29,919,551 2011年秋冬~継続
広島市(土砂被害) ¥570,468 2014年秋冬開催分
日本赤十字社熊本県支部(熊本県地震) ¥4,648,218 2016年度開催分
あしなが育英会 ¥5,000,000 2015年秋冬~継続
チャイルド・ケモ・ハウス ¥5,000,000 2015年秋冬~継続
日本赤十字社
平成29年7月5日からの大雨災害義援金
(九州北部地方大雨被害)
¥1,000,000 2017年春夏開催分
寄付総額合計 ¥77,595,718
衣料品回収実績
年度引き取り点数
2009年度 165,551点
2010年度 369,379点
2011年度 297,801点
2012年度 631,139点
2013年度 1,151,122点
2014年度 1,587,965点
2015年度 1,422,965点
2016年度 2,080,077点
2017年度 2,287,486点
2018年春夏 1,066,656点
累計回収点数 11,060,141点