ホーム > ニュースリリース > 事業ニュース > ~「リフレクト」メード・イン・ジャパンの上質なものづくり~ 日本有数のニット産地新潟県見附市(みつけし)で編んだ“MITSUKE(みつけ)ニット” 10/6(金)から、ブリティッシュでクラシックなチェック柄カーディガンを発売

事業ニュース

2017/10/03

~「リフレクト」メード・イン・ジャパンの上質なものづくり~
日本有数のニット産地
新潟県見附市(みつけし)で編んだ“MITSUKE(みつけ)ニット”
10/6(金)から、ブリティッシュでクラシックなチェック柄カーディガンを発売

ワールドグループの株式会社フィールズインターナショナルが展開する、30代からの大人の女性に向けたファッションブランド「Reflect(リフレクト)」は、日本の上質なものづくりにこだわった企画として、今秋、日本有数のニット産地として知られる新潟県の見附市で作り上げた“MITSUKEニット”のカーディガンを、10/6(金)から、全国の直営店舗および、オンラインストアで発売します。


17年秋冬ビジュアル

「リフレクト」では、ニットの持つ暖かさや柔らかさ、着心地のよい軽さに加えて、色柄の美しさを追求。 その結果たどり着いたのが、山形県、福島県とともに日本の「三大ニット産地」の一つとして知られる新潟県見附市で作られた“MITSUKEニット”です。

新潟県のほぼ中央に位置する見附市は、古くからニット産業が盛んで、手間を惜しまない丁寧なものづくりへのこだわりが、高品質で人にやさしいニット製品を生み出してきました。
編地の中で色糸を切り替えて編むことにより、薄くて軽いニットを編み上げることができる「インターシャ」と呼ばれる編み地は、日本でも台数が限られる大変貴重な編み機で編み上げられ、色、柄の分量が多いほど、切り替えが複雑になり、編み上がりに時間を要します。

「リフレクト」は、このインターシャ編みで、今秋のトレンドであるブリティッシュでクラシックなチェック柄を全面に配し、カラフルな色使いや新しい色使いで表現しました。 素材には、艶感のあるウールアクリルと質感のあるモールを合わせることによって、表面に程よい凹凸が生まれ、シンプルな中にも存在感のある贅沢なニットカーディガンが完成しました。

ボタンを閉めて、プルオーバーの様にインした着こなしが、今年らしい雰囲気に
【MITSUKEニットを着用したイメージキャラクター 瀬戸朝香さん】

この商品には、新潟県見附市のニットメーカーによって設立されたMITSUKE KNIT事務局の公式ロゴをあしらった下げ札を付けて販売します。

MITSUKE KNIT事務局 http://www.mitsukeknit.jp/

“MITSUKEニット”商品概要

価格 16,000円(15、17号は、17,000円) ※税別
カラー 5色展開
ホワイト、ネイビー、グリーン、ピンク
モノトーン(WEB限定)
サイズ 7、9、11、13号
(※オンラインのみ15、17号を展開)
素材 毛 46%、アクリル 46%、キュプラ 5%、ナイロン 3%

動画配信中

ブランド概要

Reflect 自分の価値観を持ち、「家庭」と仕事、「趣味」と仕事・・・、○○と仕事を充実させ、職場(キャリア)の自分とその他の自分を両立させてくれる
『and Career (アンド キャリア)』の応援服

取り扱い会社概要

社名 株式会社フィールズインターナショナル
FEELS INTERNATIONAL CO.,LTD
本店所在地 神戸市中央区港島中町6-8-1
代表者 代表取締役社長 福井 淳
資本金 30百万円(株式会社ワールド100%出資)