ホーム > ニュースリリース > 企業ニュース > よみうりランド「グッジョバ!!」にパートナー企業として参画 ~屋内型コースター“スピンランウェイ”とワークショップでファッションの楽しさを体感~

企業ニュース

2016/03/18

よみうりランド「グッジョバ!!」にパートナー企業として参画
~屋内型コースター“スピンランウェイ”とワークショップでファッションの楽しさを体感~

株式会社ワールドは、よみうりランド(東京都稲城市)が3月18日(金)に開業した、“モノづくり”が体感できる新遊園地エリア「グッジョバ!!」(GOOD JOB ATTRACTIONS)のパートナー企業として参画します。

ワールドが監修する 「FASHION factory(ファッション ファクトリー)」は、まるでファンタジーの世界に迷い込んだような空間で、屋内型コースター“スピンランウェイ”に乗りながらファッションの楽しさが体感できます。前半は生地の裁断や縫製といった洋服の製造工程を、コースター上昇部分では、ライドに搭載されたボタンを押して洋服のコーディネートを完成させるゲームを、後半は音と光の演出に包まれ、まるでファッションショーに出演しているかのような高揚感に包まれながらコースターが疾走します。また、出口エリアでは楽しく“モノづくり”が体験できるワークショップも開催します。

アパレルメーカーであるワールドは、創業以来、時代の変化に合わせて多様なブランドを開発し、魅力あるファッションを提案してきました。また価値ある商品を提供するために、常に“モノづくり”の技術と品質の向上に取り組んでいます。今回開業する「グッジョバ!!」の、遊園地ならではの楽しさと学びを合わせたアトラクションを通して、次世代を担うこどもたちを中心に、三世代に亘ってファッションと“モノづくり”の楽しさを体感頂きたいと考えています。

遊園地ならではの迫力あるアトラクション“スピンランウェイ”


(上)「ファッション ファクトリー」に一歩入った瞬間から、巨大な布やボタンで演出したファンタジーな空間が広がる。
(右)ファスナーのモチーフを抜けるとボタン、リボン、生地見本など、洋服に使うパーツで楽しくコラージュした額が幾つも並ぶ、圧巻のディスプレー。


流れるようなペンの動きで仕上がるデザイン画は、ワールドのデザイナーが実際に書き起こす様子を撮影してアニメーションを作成。


ニットの編地が転写されたライドはひとつひとつが異なるデザイン。巨大ミシンやスチームアイロンなど、服作りの工程を観ながら、上昇します。

“モノづくり”を身近に、楽しく!ワールドが監修したワークショップ

オープン時は「くるみボタンをつくろう」と「段ボールと毛糸で織物をつくろう」の2つのワークショップを実施し、以降も季節ごとに新しいメニューが加わります。くるみボタンは、簡単なキットを使用し、ワールドがテキスタイルデザインを手がけた、よみうりランドのキャラクター、ランドドッグがプリントされた生地を使ってオリジナルのくるみボタンをつくることができます。織物は、段ボールに縦糸を通した後、横糸を交互に通す簡単な仕組みで、生地がどうやって出来ているかを知ることができるワークショップです。


(上)友達同士、親子、三世代に亘って楽しめるワークショップは各回30分。作品と作り方が書かれたテキストは持ち帰りでき、ご家庭でも“モノづくり”を楽しむことができます。
(右)ランドドッグ「グッド」と「ラッキー」の可愛いプリントは、「グッジョバ!!」でしか手に入らないオリジナル生地。

「グッジョバ!!」とは

「グッジョバ!!」は、生活に密着し、親しみやすい自動車、食品、ファッション、文具の4業種からなるfactoryで構成されたよみうりランドの新遊園地エリア。従来の遊園地と異なり、参加感あり!能動的に!学べる!競える!といった新しいエンターテインメント性を追求し、アトラクションに乗って楽しみながら“モノづくり”を知ることができます。日本初となるアトラクション4機種を含め、全15機種が登場するほか、“モノづくり”が楽しめるワークショップを各factoryで毎日開催します。

  • ※ よみうりランド入園及びアトラクション、ワークショップの体験にはそれぞれ料金がかかります。