ホーム > ニュースリリース > 企業ニュース > こどもの夢を形にするコラボ企画! 「キッザニア東京 ファッションデザインコンテスト」 こどもデザイナーとモデルによるファッションショーを開催 12月26日(金)13:00~ 三越日本橋本店 本館 1階中央ホール

企業ニュース

2014/12/15

こどもの夢を形にするコラボ企画!
「キッザニア東京 ファッションデザインコンテスト」
こどもデザイナーとモデルによるファッションショーを開催
12月26日(金)13:00~ 三越日本橋本店 本館 1階中央ホール

株式会社ワールドは、KCJ GROUP株式会社が運営する、こどもが主役の街「キッザニア(KidZania)」のオフィシャルスポンサーとして、『キッザニア東京 ファッションデザインコンテスト』を実施し、こども達から募集した661作品から選出した30作品を実物の洋服に仕立て、12月26日(金)、お披露目の場となるファッションショーを三越日本橋本店で開催します。

こども達の声から生まれたデザインコンテスト

このコンテストは、"自分が描いたデザイン画が本物の服になったら嬉しい"というこども達の声から生まれた取り組みで、第1回は2010年に実施し、最終審査で選ばれた3作品を洋服に仕立てました。昨年実施した第2回は規模を拡大し、ワールドと三越伊勢丹が"ファッション"をキーワードに連携。30作品を洋服に仕立て、昨年8月、三越日本橋本店でファッションショーを開催しました。
第3回となる今回は、ワールドと三越伊勢丹に加え、資生堂が新たに参画し、ファッションショーにおいてこども達への本格的なヘア&メーキャップを担当いただきます。さらに、入賞作の中から4作品を特別賞としてワールドが商品化し、来春、当社の店舗で販売を行ないます。

衣装の製作は文化服装学院と産学連携

入賞作品は、昨年に続きワールドと文化服装学院が産学連携し、アパレル技術科の学生がこども達のデザイン画からパターン(型紙)をおこし洋服に仕立てました。製作途中には、デザイン画を描いたこども達が学校を訪問し、学生にデザインの意図を伝えたり、学生からは素材や縫製の説明を受けるなど、こども達に洋服を製作する工程を体感いただきました。

日時 2014年12月26日(金) 13:00~13:45
場所 三越日本橋本店 本館1階中央ホール
プレゼンテーター KCJ GROUP株式会社 代表取締役社長兼CEO 住谷 栄之資
株式会社ワールド 取締役会長 畑崎 重雄
株式会社三越伊勢丹 三越日本橋本店 営業統括部長 浅賀 誠
株式会社資生堂 トップヘア&メーキャップアーティスト 大久保 紀子
  • ※ 当日はファッションショーに加えて、デザイン画を描いた入賞30名の表彰式も同会場で行います。


昨年のファッションショーの様子。2013年8月3日(土)、三越日本橋本店 本館1階中央ホールで開催。
こどもモデルが30作品の衣装を着こなし、デザイン画を描いた入賞者と共にステージに上がりました。

『キッザニア東京 ファッションデザインコンテスト』 これまでの流れ

① デザイン画の募集 2014年4月11日(金)~5月31日(土)

ワールドの「ファッションブティック」パビリオンで、デザイナーの仕事を体験したこどもから、デザイン画の応募を受付。"キュート""ポップ""セクシー""クール"からテーマをひとつ選んで描きました。


布やボタンを貼り付けて、デザイン画を完成。

② プロによる1次審査、こども達による2次審査を経て30作品を選考 2014年6月~7月

全661作品から、ワールドでこども服を手掛けるデザイナーとパタンナー、三越伊勢丹のバイヤー、資生堂のメーキャップアーティストが1点1点に目を通し50点に。その後7月11日(金)~7月18日(金)、キッザニア東京に来場したこども達が投票し、上位30作品を選びました。


プロによる1次審査の様子。


キッザニアで行なったこども達による2次審査。

③ 文化服装学院 アパレル技術科の学生による衣装製作 2014年9月~10月

学生がデザイン画からパターン(型紙)を作成し、縫製に入る前に薄手の布(トワル)を使い形を作り、バランスを確認する"トワルチェック"を実施。ワールドで子供服を手掛けるパタンナーとデザイナーと共に、トルソーに着せて1点1点のシルエットとディテールを確認しました。


トワルチェックの様子。


仕上げた衣装のプレゼンに臨む学生。

④ 入賞したこども達が製作の様子を見学 2014年11月3日(月・祝)

入賞したこども達が、文化服装学院を訪問し製作中の衣装を見学。学生がこども達のデザイン画から表現をした点、工夫をしたポイントを説明し、こども達も感想を伝えながらコミュニケーションをしました。


見学会に参加した入賞者のこども達。


作品を前に、製作をした学生とこども。