ホーム > ニュースリリース > ブランドニュース > 商環境を中心とする空間デザインを表彰する JCDデザインアワード2013 「タケオキクチ」渋谷明治通り本店が金賞を受賞

ブランドニュース

2013/07/25

商環境を中心とする空間デザインを表彰する
JCDデザインアワード2013

「タケオキクチ」渋谷明治通り本店が金賞を受賞

株式会社ワールドが展開するメンズブランド「TAKEO KIKUCHI/タケオキクチ」の旗艦店である渋谷明治通り本店と、本店の建築監修およびインテリアデザインを担当した長坂 常 氏(スキーマ建築計画)は、JCD(一般社団法人 日本商環境デザイン協会)が主催する「JCDデザインアワード2013」のショップ空間カテゴリーで金賞を受賞しました。


「タケオキクチ」渋谷明治通り本店 外観
建築監修/1・2Fインテリアデザイン 長坂 常 氏(有限会社スキーマ建築計画 代表)

この賞は、JCDが商環境を中心とする空間デザインの顕彰を目的に1974年より開催。2006年からは公募対象を日本国外にも拡げ、世界一のコミュニケーションデザインを決定しようというもので、国内外の応募から1次審査で119作品を選出。その後の公開2次審査で大賞1点、金賞9点、銀賞18点が選出されました。

「タケオキクチ」渋谷明治通り本店概要

住所 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-25-10
「タケオキクチ」URL http://www.takeokikuchi.com
店舗特徴 クリエイティブディレクターである菊池武夫がコンセプト作りから手掛けた、高さ13m、幅28m、奥行き7mという横長の空間が特徴的な地上3階の路面店。明治通りに面した4つの入り口、ランダムに構成された什器、レジカウンターを設置しないこの店では、お客さまの自由な回遊が生まれ、その回遊に寄り添いスタッフが心を込めたone by oneの接客を行う。
また、お客様にゆっくり過ごしていただくため、中庭や店の内外にソファやベンチを多数設置するなど、至るところでコミュニケーションが生まれることを考えた店。幅広い商品ラインナップやお客様の年齢層、明治通りを行き交う人の流れなど、多様性を持つ空間を統一したデザインで構成している。
2階に菊池武夫のアトリエを設け、クリエイティブを身近に体感頂ける旗艦店ならではのスペシャルな店舗。
坪数 売場面積 約140坪(462㎡)
1F=売場 約50坪
2F=売場 約40坪/菊池武夫アトリエ 約10坪
3F=サンドイッチ専門店 レフェクトワール(ル・プチメック) 約40坪

アワード受賞関連 今後の予定

  • 『年鑑 日本の空間デザイン』への掲載
  • JCDデザインアワード2013贈賞式 10月下旬開催

JCD/一般社団法人 日本商環境デザイン協会

インテリアデザイナー、建築家、空間プロデューサー、プランナー、照明デザイナー、グラフィックデザイナーなど、幅広い空間デザイン領域のクリエイターによって構成。デザイン賞、シンポジウム、教育活動、研究活動、セミナー、機関誌の刊行、出版などの活動により、日本国内のみならず、海外のデザイン界にも大きな影響を与えている。近年の社会状況の変化に向けて、それらの活動はさらに多岐にわたり、デザインの新たな価値の創出に貢献している。