ホーム > ニュースリリース > 企業ニュース > キッザニア×ワールド×三越伊勢丹 コラボ企画 『キッザニア東京 ファッションデザインコンテスト』 入賞30作品が決定

企業ニュース

2013/04/02

キッザニア×ワールド×三越伊勢丹 コラボ企画
『キッザニア東京 ファッションデザインコンテスト』 入賞30作品が決定

こどもが主役の街「キッザニア」の企画・運営を行うKCJ GROUP株式会社と、「キッザニア東京」のオフィシャルスポンサーである株式会社ワールド、株式会社三越伊勢丹は、今年1月より、3社コラボ企画として『キッザニア東京 ファッションデザインコンテスト』を開催し、応募されたデザイン画259作品から、1次、2次審査を経て、入賞30作品を決定しました。

ファッションデザインコンテストはキッザニア東京の「ファッションブティック」パビリオンで“パーティーに着て行きたい服”のデザイン画を募集し、入賞作品を本物の服に仕立て、ファッションショーで披露する取り組みです。
このコンテストは、こども達の「自分が描いたデザインが実際の服になったら嬉しい」という声から生まれたもので、ワールドと三越伊勢丹が“ファッション”をキーワードに連携し、こども達の夢を叶える為に企画しました。入賞した30デザインの製作にあたっては、ワールドと文化服装学院が産学連携し、こども達に広い視点で仕事の幅と理解を深めてもらうことを目指しています。

入賞30作品は「キッザニア東京」特設サイトで公開 http://www.kidzania.jp/tokyo/fashion

【今後の流れ】入賞30作品は文化服装学院の学生が製作。

入賞した30のデザイン画から文化服装学院アパレル技術科の学生がパターンをおこし、洋服を製作します。また、7月には入賞した30名のこども達を学校に招き、自分のデザイン画がどの様に仕上げられているか、製作過程の見学を行います。最終的に完成した洋服は以下の場所でお披露目をする予定です。

  1. 8月上旬、三越日本橋本店内にてファッションショーを開催。
  2. 伊勢丹新宿本店内にて写真撮影会の開催。
  3. 9月以降、優秀作品をキッザニア東京のファッションショーでも使用。


1次審査会場に並ぶこども達のデザイン画、全259作品(キッザニア東京にて)

【これまでの流れ】

①デザイン画の募集 2013年1月12日(土)~2月8日(金)

ワールドの「ファッションブティック」パビリオンで、デザイナーの仕事を体験したこどもから、デザイン画の応募を受付。テーマは“パーティーに着て行きたい服”。


こどものイメージを膨らませるため、ワールドで実際に使用している洋服の生地を揃えたパビリオン。

②こども達による1次審査 2013年2月23日(土)~3月1日(金)

三越伊勢丹の「デパート」パビリオン特別アクティビティとして、こども達がバイヤーとなり、応募されたデザイン画から、実際に商品にしてお客様におすすめしたいデザイン画を選ぶ1次審査を実施。


応募された個性と夢あふれる全259作品から、100作品に。
こどもバイヤーは選んだ理由も説明。

③プロと学生による2次審査 2013年3月11日(月)

ワールドのデザイナーとパタンナー、三越伊勢丹のバイヤー、製作を担当する文化服装学院の学生が投票し、最終30作品を選考。


1点1点を確認し投票をする文化服装学院の学生たち。