ホーム > ニュースリリース > 事業ニュース > 百貨店向けエレガンスブランド「エッシュ」 店舗発の“コト”提案で顧客から支持 大人の“女子会”“女子旅”で商品フェアと連動 11月下旬には“冬の母の日”を企画

事業ニュース

2012/10/31

百貨店向けエレガンスブランド「エッシュ」
店舗発の“コト”提案で顧客から支持
大人の“女子会”“女子旅”で商品フェアと連動
11月下旬には“冬の母の日”を企画


10/24(水)~11/6(火)のパンツフェアでは
“女子旅”を提案

株式会社ワールドが百貨店で展開する50代からのミセス向けエレガンスブランド「エッシュ」では、お客様とのコミュニケーション強化を目的に、この秋より、商品のフェアと連動し、大人のための“女子会”や“女子旅”をキーワードに店舗スタッフが集めた観光スポットを紹介する“コト”提案を行っています。
また、11月下旬から開催するニットフェアでは、“冬の母の日”とネーミングし、冬シーズンのギフト需要を喚起する新たな企画を行います。
このように「エッシュ」では、ファッション提案に加えて、“店舗”を起点にお客様のライフスタイルをより豊かにする“コト”が購買動機となる情報提供とコミュニケーションを通じて、50代からの大人の女性のコミュニティの場として認知を高めていきたいと考えています。

“女子会”や“女子旅”で店発の“コト”提案

“女子会”とは、もともと20代から40代の働く女性たちが集まっておしゃべりをする食事会として、ここ2、3年で名前が定着しており、現在は50代からの大人の女性にも広がりつつあります。「エッシュ」では、「私も“女子会”をしてみたいけど、どこのお店がいいかしら」「かしこまりすぎずに、おしゃれなスタイルで“女子会”に参加したい」というお客様の声にお応えし、8月に開催した「チュニックフェア」と連動して、各店舗のスタッフが「エッシュ」の商品を着て地域のおすすめスポットや観光地に足を運んで集めた情報を元に手作りリーフレットを作成。店頭でお客様にお渡ししたところ、大変、好評をいただきました。現在開催中の「パンツフェア」では、“女子旅”をキーワードに、金沢の重要文化財「金沢門」、下関の「関門橋」、札幌の「時計台」、京都の「嵐山」などに最寄店舗のスタッフがパンツスタイルで訪れ、コメント付きの写真を掲載したリーフレットを作成。お客様とのコミュニケーションツールとして活用しています。

“冬の母の日”を企画

冬シーズンにも大切なお母さんに感謝を示す記念日として、11/21(水)~12/4(火)のニットフェアを“冬の母の日”とネーミング。5月の第2日曜日の“母の日”に加えて、冬の母の日として新たなギフト需要を喚起していきたいと考えています。

8月のチュニックフェアと連動した「チュニックで女子会」

スタッフが「エッシュ」のチュニックを着用して近隣の観光スポットを訪問した手作りリーフレットでお客様に提案。

10月のパンツフェアと連動した「エッシュ女子旅」

スタッフが「エッシュ」のパンツを着用して国内の観光スポットを訪問した手作りリーフレットでお客様に提案。

ブランド概要

ブランド名

esche/エッシュ
※2001年より展開
esche/エッシュ

コンセプト エレガンス志向でシンプル・ベーシックに程よいトレンドを効かせ、“ちょっとしたお出かけ着・仕事着”を提案するニューミセスブランド。
ターゲット 自分に関心があり、感性が若く、おしゃれな大人(50歳代から)
販売チャネル 百貨店
店舗数 22店舗(10月現在)
主要アイテム
価格帯
12年秋冬/税込価格
プルオーバーニット ¥9,975~¥13,650
プルオーバージャージ ¥5,145~¥11,500
カーディガン ¥8,295~¥15,750
ワンピース ¥13,650~¥24,150
パンツ ¥10,500~¥17,850
スカート ¥12,600~¥17,850