ホーム > ニュースリリース > ブランドニュース > 「タケオキクチ」ブランド世界観の発信力を強化 菊池 武夫がクリエイティブディレクターに復帰

ブランドニュース

2012/05/25

「タケオキクチ」ブランド世界観の発信力を強化
菊池 武夫がクリエイティブディレクターに復帰

株式会社ワールドが展開するメンズブランド「TAKEO KIKUCHI/タケオキクチ」は、2012年秋冬より、菊池 武夫がクリエイティブディレクターに復帰し、2008年から「タケオキクチ」のデザインディレクターを務める福薗 英貴と共に、ブランドの世界観の発信力強化を図ります。

「タケオキクチ」ブランドのこれまで ~メンズブランドとして築いた確固たる地位~

1984年にワールドに移籍した菊池 武夫によってデビューした「タケオキクチ」は、デザイナーズブランドの先駆けとして、時代の変化と共に常に新たな角度でメンズファッションを表現してきました。その明確なブランドイメージと菊池 武夫のカリスマ性で、誕生から四半世紀を経ても、メンズブランドとして確固たるポジションを築いています。

今秋からの新体制について

菊池 武夫は、2004年に「タケオキクチ」のディレクターを後任に引き継ぎ、翌年には自身のブランド「40CARATS&525」を立ち上げたほか、現在まで、クールビズの推奨をはじめとして、メンズファッション界の第一人者として活躍の場を広げてきました。

今秋、再び菊池 武夫がクリエイティブディレクターに就くことで、デビューから28年に亘り、多くのお客様に愛されて来た「タケオキクチ」を、国内市場において一層価値を高めることに加えて、世界のマーケットを見据えるために、菊池自身のフィルターを通してブランドの魅力を深堀りし、デザインの枠を越えて、店舗表現や広告宣伝全体を再構築します。

一方、デザインディレクターを務める福薗 英貴は、菊池 武夫の経験と世界観を享受しながら、マーケットニーズに則した商品開発を、ターゲット層と同世代である福薗 英貴の感性を活かし、憧れと共感される商品提案を行います。

ブランド価値の発信に向けて

今年11月には、渋谷 明治通りに新たなフラッグシップショップをオープンさせ、世界観の発信力を強化するほか、既に展開している台湾、香港に加え、2013年には中国にてアジアに向けたフラッグシップショップのオープンを予定しており、日本発のメンズブランドとしてグローバルに魅力を伝えていきます。

ブランド名 TAKEO KIKUCHI/タケオキクチ ※1984年秋冬~
TAKEO KIKUCHI
コンセプト 色気と遊び心があり、今の時代をさりげなく着こなす男性のためのTOKYO発信ブランド。高いモノづくり技術と、ブランドの歴史に裏打ちされた確かな品質をもとに、様々なライフシーンに合わせたトータルなスタイリングを提案。
店舗数 百貨店中心 135店舗(12年5月末)