ホーム > ニュースリリース > 企業ニュース > フランチャイズ事業による店舗展開スタート

企業ニュース

2012/01/24

アパレルの企画開発力とストアの運営ノウハウを最大限に活用
フランチャイズ事業による店舗展開スタート
~3月から、子会社㈱ワールドフランチャイズシステムズにより事業展開~

株式会社ワールド(本社:神戸市、社長:寺井秀藏)は、これまで培ってきたアパレル事業における企画開発力と小売事業におけるストアの運営ノウハウを最大限に活用し、連結子会社の株式会社ワールドフランチャイズシステムズ(以下、WFS社)をフランチャイズ(以下、FC)本部として、3月からFCによる店舗展開を開始いたします。

これまでも当社では、ファッション事業の運営を通じて構築してきたプラットフォームをオープンにし、他企業のブランドに活用いただくことで、相乗効果を発揮し、WIN-WINの関係を構築してきました。具体的には卸事業における展示会システムを他社ブランドに活用いただき、当社が販売代行を行うワールドレップシステム(WRS)や、昨年10月には子会社の株式会社ファッション・コ・ラボが、ファッションEC事業のプラットフォームを他社ブランドに提供するなど、プラットフォームビジネスに着手しています。

新たにスタートするFC事業では、FCシステムによる事業展開の効率性とスピードを追求した新たな競争優位性の高いプラットフォーム構築を目的にWFS社を2011年5月に設立し、ワールドグループの成長戦略を担う当社の新業態戦略グループ組織の下で、事業化に向けて取り組んでまいりました。

そして、昨年12月に株式会社天満屋ストア(本社:岡山市)と、今年1月には株式会社ヤスサキ(本社:福井市)とFC契約を締結し、3月より、まず3店舗をFC店舗として運営を開始することとなりました。既に新たに加盟を検討されている企業もあり、随時説明会を行うとともに、今後、地域に密着した小売流通企業を対象に着実にFC事業の拡大を図ってまいります。

関係図(役割)

㈱ワールド(・商品開発・商品供給)および㈱WFS(FC本部)(・店舗運営支援・教育)と加盟企業(店舗)(・店舗運営)の間には商品卸(売買契約)とノウハウ(FC契約)の契約が結ばれます。加盟企業は店舗運営を通してお客様へ商品を提供します。

フランチャイズ店舗

開始日ストア名称所在地店舗面積加盟企業
3月1日(木) シューラルー 岡山市南区築港新町1-25-1シネマタウン岡南1F 330㎡ ㈱天満屋ストア
3月1日(木) シューラルー 岡山市北区野殿西町329-1 ハピーズ大安寺1F 330㎡ ㈱天満屋ストア
3月16日(金) シューラルー 福井市松城町12-7 パリオシティ2F 260㎡ ㈱ヤスサキ
  • ※岡山市の2店舗はワールドの直営店からFC店への切替え。福井市は新店。


㈱天満屋ストア「ハピーズ大安寺」外観


「シューラルー」ハピーズ大安寺店

㈱ワールドフランチャイズシステムズの概要

商号
株式会社ワールドフランチャイズシステムズ
主な事業内容
ストア業態のフランチャイズ展開
設立年月日
2011年5月2日
所在地
東京都港区北青山3-5-10
代表者
笠原 和彦
資本金
100百万円(株式会社ワールド100%)
決算期
3月