ホーム > ニュースリリース > 企業ニュース > イオンモール橿原×ワールド「フラクサス」産学連携『クリスマスツリー展』を開催

企業ニュース

2011/10/24

イオンモール橿原×ワールド「フラクサス」
産学連携『クリスマスツリー展』を開催
~学生がデザイン・制作した11のツリーがモールを彩る~

株式会社ワールドとイオンモール株式会社は、10月28日(金)より12月25日(日)まで、ワールドの大型ライフスタイルストア「フラクサス」が入るイオンモール橿原(奈良県橿原市)で、関西の大学・専門学校で美術や芸術を学ぶ学生がデザイン・制作したクリスマスツリー11点を展示する、『クリスマスツリー展』を開催します。

このプロジェクトは、『ワールド 産学連携 アートルームプロジェクト』の一環として、イオンモールの今年のクリスマスのテーマ“つながり”を共通のメッセージに、モール内を学生がデザインをしたツリーで彩る取り組みとして、5月に学生に向けた説明会を実施し、デザインを募集しました。

7月上旬には37作品の応募があり、イオンモールとワールドで選考、広いショッピングモール内で映えるデザイン性とツリーに込めたメッセージ性を重視し、最終11作品を選び、約3ヶ月に亘って制作を進めました。

ツリーは、“つながり”というひとつのテーマを掲げながらも、既成概念に捉われない、学生の自由な感性が表現され、様々な素材とモチーフ使いで、ひとつひとつがアート作品に仕上がっています。

期間中は、お客様にモール内を回遊いただきながら鑑賞を楽しんで頂ける様、11のツリーを巡るスタンプラリーを実施し、終了後は「フラクサス」店頭で記念品と交換するほか、ツリーの人気投票を行い、上位3作品を発表します。

※ 『ワールド 産学連携 アートルームプロジェクト』について
ワールドが展開する大型ライフスタイルストア「フラクサス」にて、大学・専門学校で美術や芸術を学ぶ学生に、ビジュアルプレゼンテーションの実践の場を提供する取り組みとして、2008年より実施。学生にとっては商業空間でアイデアを発表できる貴重な機会となり、近隣の学校と取り組むことによって、地域の活性化に繋がることも期待しています。「フラクサス」は店舗面積が広いことから、大掛かりな作品はお客さまの注目度も高く、来店促進にも繋がっています。
展示期間 2011年10月28日(金)~12月25日(日)
展示場所 イオンモール橿原 1~3階
参加学校 関西大学大学院、関西学院大学、神戸芸術工科大学、奈良芸術短期大学、大阪デザイナー専門学校、町田ひろ子インテリアコーディネーターアカデミー、大阪市立デザイン教育研究所(学生39名)