ホーム > ニュースリリース > 企業ニュース > 次世代育成支援認定マーク「くるみん」を取得

企業ニュース

2011/10/05

次世代育成支援認定マーク「くるみん」を取得
~仕事と子育てを両立できる職場づくりを推進~

株式会社ワールドは、「仕事」と「育児」の両立を支援する企業として、次世代育成支援対策推進法(注1)に基づき、厚生労働省 兵庫県労働局より、基準適合一般事業主としての認定を受け、2011年8月25日に、次世代認定マーク「くるみん」(注2)を取得しました。

当社は、仕事と生活をバランスよく両立させる ワーク・ライフ・バランスを推進しており、子育て支援においては、仕事と育児の両立を支援する取り組みとして2007年より「育児コンシェルジュデスク」を設置し、専任スタッフによる保育園の斡旋、自治体での手続き支援など、妊娠から職場復帰までをトータルにケアする取り組みを行っています。
今回、下記の行動計画を含めた、これまでの様々な取り組みが認められ、認定マークの取得に至りました。今後も、更なるワーク・ライフ・バランスの向上に努め、より働きやすい職場環境づくりを積極的に進めて参ります。

これまでの主な行動計画と実施内容は、以下の通りです。


(注2)「くるみん」マーク

1. 行動計画期間
  • 2008年4月1日~2011年3月31日(3年間)
2. 主な行動計画と実施内容
  • 「育児短時間勤務制度」の利用促進
    産前休暇取得予定の社員に向け、「育児短時間勤務制度」の利用促進を実施。
  • 職場復帰時のお子様の預け先支援
    育児休業中の社員に向け、保育施設の情報提供や斡旋を実施。
  • 所定外労働、残業削減策の実施
    所定外労働や残業時間、長時間労働者が減少。
  • 「子供参観日」の参加の促進
    参加家族、参加人数とも増加。
(注1)次世代育成支援対策推進法
急速な少子化など家庭や地域を取り巻く環境の変化に対し、従業員の仕事と子育ての両立が図れるよう、雇用環境や労働条件の整備を事業主に義務づける法律。2005年4月に施行され、事業主は次世代育成支援のための具体的な計画を策定し、届け出ることが義務づけられている。