ホーム > ニュースリリース > 企業ニュース > 社会体験プログラム「トライやる・ウィーク」男子中学生4名が5日間でデザインから服作りに挑戦!

企業ニュース

2011/05/25

社会体験プログラム「トライやる・ウィーク」
男子中学生4名が5日間でデザインから服作りに挑戦!
~音響機器メーカーTOAと連携し中学生とプロ音楽家の創作コンサート衣装制作を担当~

株式会社ワールド(本社:神戸市、社長:寺井秀藏)は、5月30日(月)から6月3日(金)までの5日間、兵庫県教育委員会が主催する中学生の社会体験プログラム「トライやる・ウィーク」(注1)で、ポートアイランドの本社と隣接する神戸市立港島中学校の男子生徒4名を受け入れ、5日間で服作りに取り組みます。
今回のプログラムは昨年に続き、同じポートアイランドに本社のある業務用音響機器・映像機器の専門メーカーTOA株式会社(本社:神戸市、社長:井谷憲次)が、毎年、トライやる・ウィークで行っている中学生とプロの音楽家のコラボレーションによるコンサートの衣装作成を当社が担当します。当社で受け入れる中学生は、プロのデザイナーやパタンナーからファッションとモノ作りの楽しさを学び、TOA株式会社で受け入れる女子中学生6名の衣装のデザインと制作を行います。
本社所在地が近接する2つの企業が、同じ中学校のトライやる・ウィークを同じ期間に受け入れることから連携し、衣装と音楽を通じて中学生の成長をサポートしながら、それぞれの企業の特徴を活かして、ひとつの舞台作品を作り上げます。

昨年の「トライやる・ウィーク」の様子


生徒たちは、プロのデザイナーの指導で、デザインを考え、生地の裁断から工業用ミシンを使った縫製、
工業用アイロンを使った仕上げまでを行います。

注1:トライやる・ウイーク
阪神・淡路大震災、神戸連続児童殺傷事件を機に始められた兵庫県が行う全県的な教育行事。全公立中学2年生が対象で、期間中生徒は学校に登校せず、近隣の企業や施設で社会体験を行う。1998年より実施され、今年度で14年目。生徒にどのような体験をさせるかは、受け入れ側に一任されている。

尚、株式会社ワールドでは、こども達が楽しみながら社会の仕組みを学ぶことができる「キッザニア東京」のオフィシャルスポンサーとして、ファッションデザイナーとファッションモデルの仕事が体験できるアクティビティを展開するなど、ファッションを通じてこども達の豊かな感性を育む社会貢献活動に取り組んでいます。

「トライやる・ウィーク」ワールド受け入れスケジュール

日程内容
1日目 5/30(月)
  • デザインを学ぶ
    プロのデザイナーからデザインを学んだ後、TOAと打ち合わせを行い、テーマに沿ったデザインを考える。
2日目 5/31(火)
  • 衣装作り
    デザインを描き、シルエットや柄も考えながら、生地の裁断や縫製などを行い、衣装を作る。
3日目 6/1(水)
4日目 6/2(木)
  • 衣装作り
    TOAにて、フィッティング。制作した衣装の説明を行う。
5日目 6/3(金)
  • 納品/コンサート本番
    コンサートで着用される衣装の最終修正を行い、納品。
    衣装制作の担当者として、コンサートを鑑賞。

コンサート「島っ子Musicful Life」概要

完成した衣装は、活動最終日にTOAが開催する地域住民を対象としたコンサート TOAトライやる・ウィークコンサート「島っ子Musicful Life」で披露する予定です。(写真は昨年の様子)

日時 2011年6月3日(金)開場18:00 開演:18:30
入場 無料(予約不要)
場所 TOAジーベックホール(神戸市中央区港島中町7-2-1)
http://www.toa.co.jp/profile/network/map/toa_kobe.htm
出演 神戸市立港島中学校2年生6名

参考:TOA株式会社 概要

交通施設の案内放送やビルインフォメーションシステムなどの業務用音響機器と、防犯カメラ、録画機器などの業務用映像機器の製造販売を手がける専門メーカー。同社メセナ活動の拠点として、自社商品を備えた多目的ホール「ジーベックホール」を運営し、さまざまな芸術文化イベントを主催。近年は、「教育と音楽」に着目した独自のメセナ活動に注力している。