ホーム > ニュースリリース > 企業ニュース > こどもが主役の街「キッザニア東京」で「ファッションショー」がスタート

企業ニュース

2009/11/20

11月21日(土)より、「ファッションショー」がスタート
こどもが主役の街「キッザニア東京」で
憧れの職業“ファッションモデル”を体験!

株式会社ワールド(本社:神戸市)は、こどもが主役の街「キッザニア東京(KidZania Tokyo)」のシアター(劇場)で実施しているファッションショーに衣装提供や演出を行うと共に、憧れの職業である“ファッションモデル”を体験頂けるアクティビティを11月21日(土)よりスタートいたします。

ファッションショーに使用する衣装は、ワールドが今回のアクティビティ用に新たにデザインしたオリジナルと、ワールドのブランド「オリンカリ」で構成します。こども達は最新のファッショントレンドを取り入れたデザインに身を包み、ファッションモデルとしてウォーキングやポーズを練習した後、照明や音響に合わせて本格的なファッションショーのステージで、憧れのファッションモデルを体験します。

既に、当社は10月5日(月)に「キッザニア東京」にパビリオンを出展し、“ファッションデザイナー”のアクティビティをスタートしており、ファッション企業ならではの特色を活かした2つの職業体験を通して、未来を担うこども達の創造性を育み、こどもが本来持つ豊かな感性を大きく引き出す場を「キッザニア」と一緒に作り上げたいと考えています。

【ファッションショー アクティビティ内容】

「キッザニア東京内」 シアター (約45分)
こども達はファッションモデルとして、ファッションショーに出演し、ステージでウォーキングを披露。衣装は下記3つのテーマ毎に、それぞれ12のコーディネートを用意します。


画像の衣装は“プリンセス パーティー”

【衣装のポイント】
  • 「Save The Earth/セーブ ジ アース
    “未来の地球を守る為、不思議の国から舞い降りたこども達”をテーマに、動物たちやグリーン・野菜など、エコロジーをコンセプトにした可愛らしい衣装。
  • 「Princess Party/プリンセス パーティー」
    子ども達が、舞台で踊りだしたくなるような楽しい衣装。森の精をイメージした可愛らしいデザインや、エレガントな社交界のドレスを子供らしくアレンジ。
  • 「Street Casual/ストリート カジュアル」
    ムートンのベストやコートを中心に、大人顔負けのトレンドを取り入れたコーディネート。今シーズンは光沢のある黒でロックテイストを演出。


本格的なファッションショーで、人気のファッションモデルを体験

【10/5(月)にオープンした“ファッションブティック”について】


パビリオン外観

~デザイナーの“アトリエ”を演出したパビリオンと
当社のデザイナーの声を活かしたアクティビティ~

こども達は、ファッションデザイナーとして、人物のデザインベースが描いてあるシートを元に、えりやそでの形、全体のシルエットなどを考えて、デザイン画を描きます。合わせて生地やボタン、リボンなどの小物を選んでデザイン画に貼りつけ、色を塗ってデザインシートを完成させます。1枚のデザイン画の上に、どんどん想像力が広がり、楽しくアクティビティが体験出来ます。

【株式会社ワールド 概要】

本社所在地 神戸市中央区港島中町6丁目8番1
設立 1959年(昭和34年)1月13日
売上高 3,427億58百万円(2009年3月期/連結)
社員数 2,073名(2009年3月末現在)
主な事業内容 婦人・紳士・子供服等の企画販売
資本金 180億10百万円
【キッザニアとは】

キッザニアは『エデュテインメント』というコンセプトのもと、実在する企業が出展するパビリオンは、現実社会のほぼ2/3のサイズで造られ、リアルな街並みを形成します。こども達は街の中で様々な職業や習い事などを体験することで、楽しみながら社会や職業・経済を学ぶことができます。「キッザニア」は、その地域の国民性や文化、産業・経済構造までを、実社会に限りなく近く再現することで、こども達にとって最高の社会体験の題材となることを目指して常に進化・変化しております。
2006年10月に、日本で初めて江東区豊洲にオープンした「キッザニア東京」は、2009年10月には3周年を迎え、開業以来、280万人を超える来場者を迎えることとなります。また、2009年3月27日には兵庫県西宮市のららぽーと甲子園内に国内2番目となる「キッザニア甲子園」がオープンしました。