ホーム > ニュースリリース > 企業ニュース > こどもが主役の街「キッザニア東京」にワールドがパビリオンを出展

企業ニュース

2009/09/17

こどもが主役の街「キッザニア東京」
10月5日(月)、ワールドがパビリオンを出展
~こどもの豊かな感性で、本物のデザイナー職を体験~

株式会社ワールド(本社:神戸市)は、10月5日(月)、株式会社キッズシティージャパン(本店:東京都千代田区)が運営する、こどもが主役の街「キッザニア東京(KidZania Tokyo)」にパビリオンを出展し、こども達に“ファッションデザイナー”の仕事を体験頂きます。

当社は創業以来、「価値創造企業」として、多様な価値をもつ多くのブランドを展開して来ました。これらのブランドは、絶えず変化するお客様のニーズに対して、独自の創造性で進化を重ねて来ました。「キッザニア」は、“エデュテインメント(教育とエンターテインメントの造語)”をコンセプトに、文化・産業・社会構造を実社会に限りなく近く再現し、学びと楽しさを合わせた最高の社会体験を提供しており、この取組みに共感した当社は、ファッション企業として、未来を担うこども達の創造性の育みと、こどもが本来持つ、豊かな感性を大きく引き出す場を、「キッザニア」と一緒に作り上げたいと考えています。

パビリオンでは、当社で活躍するデザイナーの声を活かし、ワールドが創業以来大切にしてきた、“価値創造力”を、多くのこども達に伝えます。また、11月中旬には「キッザニア東京」内のシアターで行われているファッションショーへの協賛も予定しています。

「ワールド」 パビリオン内容

パビリオン名 ファッションブティック
アクティビティ内容
~デザイナーの“アトリエ”を演出したパビリオンと
当社のデザイナーの声を活かしたアクティビティ~

こども達は、ファッションデザイナーとして、人物のデザインベースが描いてあるシートを元に、えりやそでの形、全体のシルエットなどを考えて、デザイン画を描きます。更に自分のイメージをより詳しく伝えるために、それらに合わせて使う生地やボタン、リボンなどの小物を選んでデザイン画に貼りつけ、色を塗ってデザインシートを完成させます。いろいろな形や色を重ねて、1枚のデザイン画の上に、どんどん想像力が広がり、楽しくアクティビティが体験出来ます。

アクティビティの開発にあたっては、キッズシティージャパンと、当社で活躍するデザイナーと話し合いを重ね、ファッションデザイナーの仕事のやりがい、楽しさを体験することで、こども達が毎日着ている洋服がデザインされていることの発見と、デザインの自由さ・楽しさを知ることを期待しています。

株式会社ワールド 概要

本社所在地 神戸市中央区港島中町6丁目8番1
設立 1959年(昭和34年)1月13日
売上高 3,427億58百万円(2009年3月期/連結)
社員数 2,073名(2009年3月末現在)
主な事業内容 婦人・紳士・子供服等の企画販売
資本金 180億10百万円

キッザニアとは

キッザニアは『エデュテインメント』というコンセプトのもと、実在する企業が出展するパビリオンは、現実社会のほぼ2/3のサイズで造られ、リアルな街並みを形成します。こども達は街の中で様々な職業や習い事などを体験することで、楽しみながら社会や職業・経済を学ぶことができます。「キッザニア」は、その地域の国民性や文化、産業・経済構造までを、実社会に限りなく近く再現することで、こども達にとって最高の社会体験の題材となることを目指して常に進化・変化しております。

2006年10月に、日本で初めて江東区豊洲にオープンした「キッザニア東京」は、2009年10月には3周年を迎え、開業以来、280万人を超える来場者を迎えることとなります。また、2009年3月27日には兵庫県西宮市のららぽーと甲子園内に国内2番目となる「キッザニア甲子園」がオープンしました。