ホーム > ニュースリリース > 企業ニュース > 育休中の社員を対象とした職場復帰支援サービスを導入

企業ニュース

2007/03/19

株式会社ワールド、株式会社ワールドストアパートナーズ
育児コンシェルジュデスクで子育て社員の悩みを解決
~育休中の社員を対象とした職場復帰支援サービスを導入~

株式会社ワールド(代表取締役社長:寺井 秀藏)と当社100%出資の販売子会社、株式会社ワールドストアパートナーズ(代表取締役社長:南山 学)では、株式会社ベネフィット・ワン(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:白石 徳生)と取り組み、4月1日から育児休業中の社員を対象にした育児支援サービスを導入します。

ファッション企業である当グループでは、全従業員約14,700人のうち、約75%を女性が占めています。女性の活躍の場は、販売や企画・開発、管理といった職種を中心に拡大しており、ライフスタイルの変化に対応し、安心して働ける職場環境や制度を整備することで、年々、働き続ける女性が増えています。

しかし、「ずっと働き続けたい」と考える一方で、女性にとって出産や子育てと仕事の両立は大きな悩みでもあり、優秀な人材でありながら、結果的にキャリアを中断せざるを得ない場合も多いのが現実です。

こういった背景に対応し、当社では全グループ会社を対象に育児支援、職場復帰支援サービスの本格導入を進めており、その第一ステップとして、4月1日から、株式会社ワールド、株式会社ワールドストアパートナーズの育児休業者 134名を対象に育児支援サービスを導入します。今回、導入するサービスの特徴は、育児休業期間に社会や職場から離れることでの孤独感や職場復帰の不安感を解消するため、一方通行の情報提供ではなく、双方向での子育て、職場復帰の相談支援体制を充実させるために、専属の『育児コンシェルジュデスク』を設置することです。

ワールドグループでは、既に今年度も約60名が育児休業を経て職場復帰しておりますが、今後は職場復帰支援サービスを導入することで、男女ともに能力と意欲のある優秀な人材が、仕事と育児を両立し、イキイキと安心して働けるような職場環境をより一層整えてまいりたいと考えています。

職場復帰をケアする育児コンシェルジュデスクの設置

当社専属の「育児コンシェルジュデスク」を株式会社ベネフィット・ワン内に設置し、育児相談から保育施設の紹介、ベビーシッターの斡旋などを行う相談窓口を設置。妊娠中や出産後の本人の体調管理、妊婦期の過ごし方、赤ちゃんの発育や気になる症状などの子育て相談を始め、保育施設との提携による施設の紹介から入園までをきっちりとフォローし、職場復帰を手助けします。また、ワールド及びワールドストアパートナーズの社内に相談メールを開設し、職場復帰の悩みに対応します。

育休中のリフレッシュと自己啓発に対応した福利厚生制度を充実

株式会社ベネフィット・ワンと取り組み、選択制の福利厚生制度を導入。レジャーやリラクゼーション、フィットネス施設や自己啓発など育児休業中のリフレッシュや生活向上のサービスプログラムとして様々なメニューを割引価格で利用提供します。

今後は、グループ全社にも拡充し、多様化する社員のライフスタイルに応じた福利厚生制度を推進してまいります。