ホーム > IR情報 > 個人投資家の皆様へ

個人投資家の皆様へ

コーポレート・ステートメント 「創造全力、価値共有。つねに、その上をめざして。」

常に自己変革し続け、新たなファッションビジネスを創造する
「価値創造企業グループ」を目指しています

多彩なファッションをお客様に届ける総合ファッションサービスグループへ

  • ・2019年1月には創業60年。1959年にアパレル卸から始まりましたが、SPARCS(※)構想に基づき、1990年代に消費者起点で小売から生産まで一気通貫で結んだSPA(製造小売業)にビジネスモデルを変革
  • ・お客さまのニーズに合わせて多業態・多ブランドで百貨店やショッピングセンターなど多様なチャネルを開拓し、衣料や雑貨等のブランドを次々開発・展開。こうした多業態・多ブランドの競争力や収益力を支える産業プラットフォームを構築してきました
  • ・現在、ブランド事業の枠を超えて、ファッションに関る多彩なサービスや投資を展開する「総合ファッションサービスグループ」を目指しています

(※)SPARCS=Super(卓越した)、Production(生産)、Apparel(アパレル)、Retail(小売)、Customer Satisfaction(顧客満足)の略称。
お客様を起点に小売から生産までを一気通貫させ、ロス・無駄を価値に変えることで顧客満足と生産性を最大化する仕組みの意

事業内容

(注)事業の記載順について、本文では、原則として連結財務諸表におけるセグメント情報のセグメント順に従っておりますが、本ページ以降では、当社グループの概況として、事業の変遷を踏まえた順に並び替えております。

1.ブランド事業

アパレル・雑貨を問わず多様なチャネル、多様な価格帯でブランドを展開

56ブランド・2,488店舗を展開*する多様性のマネジメント

* 2018年3月末現在

  • ・“多業態・多ブランド戦略”により、アパレル・雑貨を問わず多様なチャネル・価格帯を網羅するブランド事業を展開。
    「ブランド開発力」×「店舗開発力」でポートフォリオを拡充。多様な事業のマネジメント能力を培ってきました
  • ・現在はアパレルに留まらず、ジュエリー、家具等の多彩な雑貨ブランドまで展開。国内は百貨店、駅ビル、ファッションビル、ショッピングセンターなどさまざまな商業施設に出店、海外では中国、台湾、韓国、タイに展開しています
  • ・ITを駆使して収益性改善を進めてきており、利益を伴わない売上は追わず、ブランドを磨き続けていきます

<当社グループの主なブランド、店舗>

2.プラットフォーム事業

ファッションビジネスに必要なサービスをワンストップで

ファッション業界を支える仕組みをオープンに提供

  • ・ブランドの寄せ集めにとどまることなく、ブランドの価値改善に必要な能力・資質を有するプラットフォームを構築し、「高い機能専門性」×「規模の経済によるコストメリット」によるバリューアップ能力を磨いてきました
  • ・こうしたプラットフォームをグループのみならず、グループ外の他社を支援するプラットフォームサービスとして提供しています

3.デジタル事業

ECモール運営、さらにECサイト構築、運営受託から基幹システム提供まで。
ファッション特化のシステムサービスを一気通貫で

グループブランドの公式ECサイトと総合ファッションモールの運営

  • ・F1層(※1)を中心とした総合ファッションモール“FASHIONWALKER”の運営
  • ・ワールドグループのブランド公式サイト“ワールドオンラインストア”の運営

ブランド事業の“現場”に裏打ちされた確かなITソリューションの開発・提供

  • ・ECに係るサイトから基幹システム、物流などのフルフィルメント(※2)のオペレーションを提供
  • ・これまで培ってきた多様な業態に対応する基幹システム、マーチャンダイジング(MD)ツールを提供
  • ・他社への魅力あるサービス提供に向けて、ファッションの全業務領域に渡るシステム刷新を推進。
    今後、アーキテクチャ(※3)・レベルから先進的かつコスト競争力の高いIT基盤を構築・提供していきます

(※1)F1層:20歳から34歳までの女性

(※2)フルフィルメント:EC等における受注、梱包、発送、入金等の一連のプロセス

(※3)アーキテクチャ:システム全体の設計思想や構造

従来の大量生産・大量販売から、もっと多彩なファッション・サービスの提案へ

変化するお客さまのニーズに新しい価値提案

  • ・多様なテクノロジー企業との連携を通じた新たなビジネス・シーズを育成。
    消費の在り方そのものが変化する次世代に適合した新たなファッション・サービスの開発を推進しています
  • ・所有から利用へ:リユース、レンタルを通じた“サステナブルな”ファッションを楽しむ
  • ・マスからパーソナルへ:よりパーソナルに、スマートなファッションを楽しむ
  • ・一方通行から双方向へ:クリエイターと共に双方向で育むファッションを楽しむ

4.投資事業

多様な投資手法でファッション・ビジネスの価値を高める

様々な投資機会を捉えて、新しい価値創造へ

  • ・魅力的なブランドのグループ化、新しいファッション・サービス、テクノロジーへの投資を実行しています
  • ・また、ファンド運営会社“株式会社W&Dインベストメントデザイン”を株式会社日本政策投資銀行と合弁設立し、共同運営。事業承継や事業再生、成長投資などの案件を通じて、今後のファッション産業の活性化に貢献していきます
  • ・ポートフォリオ鮮度を維持するため、事業の新陳代謝を促す「事業入れ替えの空間(集中治療室)」の役割も担います

*なお、投資事業に属するグループ会社は入れ替わりを想定しています

ワールド・グループの強み

ファッションの多様性を支え、磨く、ユニークなプラットフォーム

これまで培った力を武器に、投資とデジタルで新たなファッションの価値創造へ

  • ・多業態・多ブランドを可能にした“ブランド開発×店舗開発”、“多様性のマネジメント力”に加えて、ユニークなプラットフォームを活かし、投資とデジタルの二軸での付加価値創造を進めていきます