素材の知識

Q皮革について

皮革は生きています。皮革は汗を吸い取り(吸湿性)、適当に発散(放湿性)し、風を通さず(保温性)、カラダになじみやすい快適な衣料素材です。

A牛、羊、豚などの皮革は、カラダになじみやすい快適な衣料素材です。

皮革製品の素材

用途がもっとも多い重要な革。丈夫で美しい。ただし、産地、性別、年齢によって品質にかなりの差がある。

カーフ 生後約6ヵ月以内:薄くキメが細かい
キップ 生後約1年以内:カーフよりキメが細かい
カウ メスの成牛
ステア 去勢したオスの成牛
ブル オスの成牛:丈夫で厚くキメが細かい

柔軟、軽快。

ラム 仔羊
シープ 成羊:軽く柔らかで防寒材料に多い

牛に次いで用途が広い。毛穴が大きく裏側まで通っている。

ピッグスキン 革の表面に毛穴が3つずつ並んでいる。
ペッカリー

この他に、山羊(キット・ゴート)、馬(コードバン)、鹿(セーム)、ダチョウ(オーストリッチ)、カンガルー、ヘビ、トカゲ、ワニ等があります。

皮革の断面

真皮は銀面上の表皮、乳酸層、銀面層、床(皮革)から構成されています。

皮革の種類と加工方法

表革 銀面(皮革の表面、毛穴のある側)を表に使用したもの、ヌメ革、アニリン革等がある。革特有のシワ模様がある。
スエード 銀面の裏側を使用し、サンドペーパー等で起毛させたもの。
バックスキン 本来は鹿の銀面を起毛させたものをいうが、現在では、スエードと同じ意味で用いられている。
ベロア スエードと同じく裏革を起毛させたものだが、スエードより毛足が長く繊維が粗い。
ヌバック 牛革の銀面をサンドペーパー等で削り、ビロードのような風合いに仕上げたもの。
ヌメ革 タンニンなめし革で比較的柔軟性がある。
エナメル革 銀面に油脂や合成樹脂を塗って光沢をだした革。
ガラス張り革 銀面をサンドペーパーでこすって、樹脂や顔料を塗り、ガラス板に張りつけて乾燥させたもの。
シュリンク革 なめしの工程中、薬品処理をして人工的にシワを付けたもの。
型押革 銀面に変化を持たせるため、型を押して仕上げた革。

熱に弱い

50℃以上の熱を加えると硬くなったり、縮んだりします。

色落ちしやすい

革は熱に弱く、繊維製品のように高温で染めることができない、あるいは革の風合いを守るために加工しにくいことから、現在、革の色落ちを防ぐ方法はありません。

汚れやシミが染み込みやすい

汚れやシミが革の細胞深くに染み込むため、一度染み込んだ汚れやシミは落ちにくい。

湿気に弱く、カビやすい

湿度の高い状態では、付着しているシミや汚れがカビとなるのはもちろん、革そのものもカビが発生しやすい。

水に弱い

水分を含むと、縮んで硬くなります。

素材の均一性に欠けるが、個性的

皮革は、人間の肌と同じように一匹ずつ、また部位(背や腹等)によっても厚みやキメ細かさといった外観、革質に違いがあります。皮革製品は、何匹かの類似した部分をつなぎあわせて作るため、同じデザインの同じカラーでも色目や外観に若干の違いが生じます。それゆえ、繊維製品と比べ、個性も1枚ずつ異なります。

ポイント
動物の皮と肉を分けた際、剥ぎ取ったままの状態のものをさし、これを原皮(ゲンピ)という。
皮を腐らないようになめしたもので、製品化できる状態に仕上げたもの。