ホーム > 商品と素材の基礎知識 > 素材の知識 > どれがベッチン、ベロア、ベルベット?

素材の知識

Qどれがベッチン、ベロア、ベルベット?

別珍、ベロア、ベルベットは、どれもが立毛品で、優雅な光沢をもつ素材です。すぐには区別がつきません。製造方法もそれぞれに異なります。

Aベッチン、ベロア、ベルベットは、いずれも立毛品で、優雅な光沢があります。

ベッチン(別珍)

ベルベティーン(Velveteen)。別名、綿ビロードとも呼ばれています。素材は綿が主で、同じような組織のものに、コーデュロイがあります。

タタミ目のような表面の浮き上がった中央部をカッターで切ることで1枚の立毛品ができる。

ベルベット

ビロード(Veludo)ともいう。素材はレーヨンや絹などのフィラメント糸を用いているものが多い。

一度に2反分を織り上げながら、間にパイルになる糸を組み合わせていき、最後に生地の間にナイフを入れて切り開くことで、同時に2枚の立毛の織物ができあがる。

ベロア

ベロア(Velour)は、毛むくじゃらという意味のラテン語に由来。ベロアの範囲は広く、特定することが難しい。次の3種類に分類される。

ブラッシュと同義語で、パイルをカットして長い毛羽を表面に出した織物。ベルベットよりも毛羽は長く厚みがある。
ベロア仕上げした紡毛織物のこと。ドレスやコートなどに使われる。
ブラッシュ編のパイルをカットして、短いビロードのような毛羽を立てたニットベロアのこと。

ポイント
ベッチン
ヨコ糸でパイルを作る、毛足の短いヨコパイル織物。
ベルベット
タテ糸でパイルを作る、毛足の長いタテパイル織物。