ホーム > 商品と素材の基礎知識 > 素材の知識 > 繊維の種類を簡単に見分けたい

素材の知識

Q繊維の種類を簡単に見分けたい

A繊維の種類を見分ける簡単な方法は、燃やしてみることです。臭いや燃えかたによって、繊維の種類が判別できます。

燃焼による繊維の見分け方

天然繊維
  燃え方臭い灰の状態
綿・麻 パッと燃え、炎を離しても燃え続ける。 紙を焼く臭い 灰色のやわらかい灰を少し残す。
ジリジリと縮れながら、早く燃える。 毛髪を焼く臭い 黒褐色の塊になるが、押すと容易につぶれる。
縮れながら、くすぶるように燃える。 毛髪を焼く臭い 黒褐色の塊になるが、押すと容易につぶれる。
化学繊維
  燃え方臭い灰の状態
再生繊維 引火しやすく、紙のようにパッと早く燃える。 紙を焼く臭い 白っぽいやわらかい灰が少し残る。
アセテート 溶けながら燃える。 酢の臭い 固くて黒い塊を少し残す。手で押すと容易につぶれる。
ビニロン 縮れながら、徐々に黒煙をあげて燃える。 特有の臭い 黄褐色の縮れた塊になる。
ナイロン 溶けてから徐々に燃え、炎を離すと燃え続けない。 特有の臭い 冷えるとガラスのような固い球になる。熱いうちに引き伸ばすと糸状になる
アクリル 縮み溶けながら、弱い炎を放って燃える。 からにがい臭い 固く黒い球を残す。
ポリエステル 溶けてから黒煙を出して燃え、炎を離すと燃え続けない。 芳香臭 溶けた球は冷えると固くなり、熱いうちに引き伸ばすと糸状になる
ポリプロピレン 溶けてから徐々に燃える。 ロウを燃やしたときの臭い 冷えると光沢のある灰色の硬い球になる。
ポリウレタン 溶融しながら燃え、炎を離すと燃え続けない。 かすかな特異臭 粘着性を有するゴム状の塊となる。
プロミックス 縮れながら、早く燃える。 毛髪を焼く臭い 黒褐色の塊になり、強く押すとつぶれる。