素材の知識

Q天然繊維:麻

麻は、天然繊維のなかでもっとも涼しい繊維といわれ、温度や湿度の高い季節に適した植物繊維素材です。

A夏素材の代表「麻」は、クセが強く、それが大きな魅力となっています。

産地

リネンの産地はオランダ、ベルギー、フランス、ポーランド、ロシア、チェコ、エジプトです。ラミーの産地は中国、フィリピン、ブラジルです。


ラミー(高さ約2.5m)


リネン(高さ約1m)

世界には、数十種類の特徴の異なる麻があります。しかし、衣料用繊維として「麻」と品質表示できるものは、ラミー(Ramie)とリネン(Linen)の2種類です。

  ラミー(苧麻:チョマ)リネン(亜麻:アマ)
繊維 太く長い 細く短い
感触 天然繊維中、最もシャリ感があり、涼感・腰がある。 しなやかで、絹に近い。涼感はラミーに次ぐ。
色/光沢 色は白く、絹のような光沢がある。 色はリネン特有の黄味。白度・光沢はラミーに次ぐ。
ポイント
麻製品の着こなしについて
麻は、多くの魅力を持っていますが、綿やウール、化学繊維に比べ、極端にクセの強い性質を有しています。麻製品を着こなそうとするなら、ジーンズのインディゴブルーが自然脱色し、それがまた魅力と思えるのと同じ感覚で着こなすことが重要。麻の特性を良く理解し、その特性を魅力としてとらえて、着こなしましょう。

特性

  • 涼しい…熱伝導が早く、すぐに発散。水分の吸湿・発散も最も早く、涼感がある。
  • 衛生的…通気性に富み、細菌の発生を防ぐ。バクテリアの発生率が低い。
  • 高強度…水に濡れると強度が60%アップする。(羊毛の4倍、綿の2倍の強度となる。)
  • 弾力性に乏しいため、シワになりやすい。
  • 摩擦により毛羽立つため、白化しやすい。
  • とくにリネンは、水洗いにより腰がなくなり、柔らかくなる。
  • 虫に強く、カビに弱い。
  • 弾性回復率に乏しいため、リブ組織は伸びやすい。
  • 縮みやめくれ、反り返りが起こることがある。特有のハリと風合いを出すために、撚りを強くかけているために起きる。