ホーム > 商品と素材の基礎知識 > 取り扱い方法 > 羊毛(ウール)は、なぜ縮むの?

取り扱い方法

Q羊毛(ウール)は、なぜ縮むの?

数多くのすぐれた特性により、私たちの暮らしに溶け込み、さまざまな場所や場面で愛用されている羊毛(ウール)製品。
その羊毛製品は、なぜ「収縮」という現象を起こすのでしょうか。

A水に濡らさない。摩擦を避けることが羊毛(ウール)を縮ませないための方法です。

収縮は、どうして起こるの?

羊毛は、水分を含んだ状態で摩擦やもみ作用が加わると、繊維が徐々に絡み合い、固くなっていきます。これをフェルト収縮といいます。

乾燥状態

水分を含むと発散させようとしてスケールが開く。

開いたスケールどうしが、摩擦やもみ作用によって絡み合う。

元の状態に戻りにくくなり、徐々に目をつまらせ、収縮という現象を引き起こす。

縮まないためにはどうすればいい?

水に濡らさないこと、水分を含んだままでの摩擦やもんだりしないことが大切です。洗濯などで縮んだ羊毛製品は、スチームアイロン等である程度は回復しますが、固く収縮している場合は回復しにくくなります。

ポイント
洗って縮んだら…
裏から引っ張りながら、スチームアイロンで形を整えることである程度は元のサイズに回復する。ただし、フェルト地のように固く収縮してしまっている場合は、回復が困難。