ホーム > 商品と素材の基礎知識 > 取り扱い方法 > 洗濯したら、色が変わった!

取り扱い方法

Q洗濯したら、色が変わった!

洗濯用洗剤や水道水の影響で洗濯物の色が変わってしまったと考えられます。洗剤の特性や水道水の作用などを知ることが大切です。

A変色には理由があります。洗剤や水道水について正しく理解しましょう。

洗剤に含まれる蛍光剤による変色

蛍光剤(蛍光増白剤)とは?

白い物をより白く見せる一種の染料。

どのようなものに含まれているの?

洗濯洗剤に配合されている場合がある。

なぜ配合されているの?

白さを際立たせ、補い保つため。(日光の影響や洗濯の繰り返しによって、白さが徐々にとれてくるために補う。)

どのような状態になるの?

全体に染着すると全体が白っぽくなり、部分的に染着すると白い色ムラが発生します。

どのような色のものに影響があるの?

生成りやパステル系。

蛍光剤の染着?
蛍光剤は、ブラックライトと呼ばれる特殊な光を当てると反応し、付着しているかどうかがわかる。

水道水に含まれる塩素による変色

塩素とは?

漂白・殺菌作用を持っている物質。

なぜ水道水に含まれているの?

生活用水として使用するための殺菌効果を得るため。(0.1~0.4ppmの濃度)

どのような状態になるの?

全体的な影響としては色があせたようになり、部分的な影響としてはムラ状に色があせたようになる。

どのような色のものに影響があるの?

濃色のものが目立ちやすい。

ポイント
水道水は流しっぱなしにしない!
衣類を通過する塩素の量が増えるので、水道水を流しっぱなしで洗ったり、すすいだりしない。繰り返しの洗濯で色あせすることがある。