ホーム > 商品と素材の基礎知識 > 取り扱い方法 > 静電気には、まったく困ってしまう!

取り扱い方法

Q静電気には、まったく困ってしまう!

静電気の第一の原因は、乾燥です。素材の組み合わせによっても発生します。

A静電気の第一の原因は、乾燥です。

静電気はなぜ起きる?

すべてのものには、(プラス)と(マイナス)の電気が同じ量だけ含まれ、バランスが保たれています。しかし、他のものと擦りあわせると、(プラス)と(マイナス)の量が変化してバランスがくずれます。とくに、空気が乾燥していると発生しやすくなります。

静電気のいたずら

  • 衣類が体にまとわりつく。
  • 衣類にホコリが付きやすい。
  • 着脱時にパチパチと音がする。
  • ドアノブなど金属物に触れた際に静電気が発生する。

着用時の注意点は?

静電気は衣類だけの問題ではないため、衣類や着用のみで解消することはできませんが、水分がアースの役目をすることを念頭におき、居住空間などの環境の対応で少しでも防ぐことが大切です。

水分を確保

  • 室内の観葉植物などには適量の水をあげる。
  • ドアノブなどにカバーをする。
  • 室内に加湿器を置く。

素材の組み合わせを考える

静電気は素材の組み合わせによっても発生します。下図のように(プラス)と(マイナス)が離れているほど帯電しやすくなります。

たとえば…ポリエステルのブラウスの場合

  • ナイロンのスカートより、綿のスカートとの組み合わせの方が静電気が発生しにくい。
  • 綿の下着を着用する。

頭髪・塩化ビニール等は最も帯電しやすく、綿・麻は帯電しにくい。
繊維の帯電列

柔軟剤や静電防止剤を使って防ぐ

家庭で洗える衣類は、洗濯の際に柔軟仕上げ剤を使用しましょう。また、ドライクリーニング後の 衣類には、スプレータイプの帯電防止剤を用いましょう。ただし、永久性はないので、こまめな処置が必要です。

市販の柔軟仕上げ剤

  • ハミング(花王)
  • ソフラン(ライオン)
  • レノア(P&G)

市販の帯電防止スプレー

  • エレガード(ライオン)
ポイント

冬に静電気を感じやすいのは…
冬の空気は乾燥しているので、電気が動きにくく、静電気としてじっとしています。夏は汗をかきやすく、温度も湿度も高いため、繊維のまわりには水分がたくさん存在しています。水は電気を通しやすい性質(通電性)を持っています。静電気が起きても、すぐに水分を伝わって逃げていく(放電する)ので、ほとんど衣類にはたまりません。