ホーム > 商品と素材の基礎知識 > 取り扱い方法 > 生地の目がずれてしまった!

取り扱い方法

Q 生地の目がずれてしまった!

Aそれは、「目寄れ」です。

目寄れとは?

製品の一部が擦られると、織組織を構成する糸が擦られた方向にずれ、組織に歪みが生じます。このような現象を「目寄れ」と呼びます。

目寄れしやすい素材は?

  • ポリエステルや絹の薄手で、繊維表面がツルツルしているもの。
  • 生地の織りが粗く、風合いのやわらかいもの。

着用時の注意点は?

  • 適性サイズを選びましょう。
  • バッグやベルトなど、固いものとの摩擦を避けましょう。
  • ポリエステルをはじめ、もともと繊維表面がツルツルしている繊維は、水洗いの際に柔軟剤を加えるとさらに滑りやすくなり、目寄れが起きやすくなります。
ポイント

目寄れに似た現象に「縫い目滑脱(かつだつ)」があります。
「縫い目滑脱」は、製品の縫い目に強い力が加えられると、織組織を構成する糸が、力を加えられた方向に引っ張られ、縫い目を境に移動(スリップ)する現象。