取り扱い方法

Q漂白剤

A変色や脱色を防ぐためにも、漂白剤は正しく知って、正しく使いましょう。

漂白剤は、洗剤だけでは落ちにくい汚れやシミを除去するために用いられます。漂白剤には酸化型と還元型とがあり、それぞれの特徴を十分に理解し、正しく使用しましょう。

漂白剤の種類と特徴

種類酸化型還元型
塩素系酸素系硫黄系
特徴 漂白力がもっとも強い。
除菌・除臭効果が高い。
色柄ものにも使える。 鉄分による黄変を回復する。
樹脂加工品の塩素系漂白剤による黄変を回復する。
使えるもの 白物 白物
色・柄もの
白物(すべての繊維)
使えないもの 毛・柄もの
毛・絹・ナイロン・アセテート・ポリウレタン
金属製の附属
金属製容器と鉄分の多い水
毛・絹
金属製の附属
金属製容器と鉄分の多い水
色・柄もの
金属製の附属
金属製容器
代表的な市販品 ハイター(花王)
ブライト(ライオン)
ワイドハイター(花王)
カラーブライト(ライオン)
ハイドロハイター(花王)

もし誤って使用すると…

変色や脱色、生地の脆化を招く場合があります。一度変色したりすると、もとの状態には戻らないので、漂白剤のパッケージにある取り扱い説明を十分に確認したうえで、使えるものだけに用いることが重要。漂白剤を使用したあとは、良く手を洗い、漂白成分を除去しましょう。

他にもこんなものに気をつけて!

掃除用洗剤

台所用、トイレ用、浴室用(カビ取り剤)洗剤には、強い漂白作用を持つ成分が含まれているものがあります。

パーマ液・ヘアカラー液

付着したときには気がつかなくても、洗濯やクリーニング後に変色が現われることがあります。