ホーム > 商品と素材の基礎知識 > 取り扱い方法 > 気づかないうちに、変色している!

取り扱い方法

Q気づかないうちに、変色している!

衣類が変色する原因は汗や光、漂白剤、パーマ液、ガスなど日常生活の中にたくさんあります。

A衣類が変色する原因は日常生活の中にたくさんあります。

汗は、成分のほとんどが水分ですが、その他にわずかですが、さまざまな成分が含まれています。汗をかいた衣類を放置しておくと、汗の成分が徐々に蓄積し、複合的に作用し変色やシミの原因となることがあります。汗の成分は、水洗いでしか除去できません。すぐに水洗いしましょう。

日光や蛍光灯から放射される紫外線(UV)は、染料や繊維にダメージを与え、変色の原因となります。

汗+光

汗が付着した衣類が、そのまま長時間太陽光に当たると、紫外線の作用も加わり、表側のみに変色が起きます。

漂白剤

漂白剤の種類により、使えるものと使えないものがあります。取り扱い説明を確認の上、正しく使用すること。とくに、塩素系漂白剤には細心の注意が必要です。

蛍光漂白剤

蛍光増白剤は、白味を強調するための一種の染料で、弱アルカリ性洗剤に多く含まれます。生成りやパステルカラーの衣類はとくに変色しやすいので、洗濯するときは蛍光増白剤の入っていない洗剤を使用することが大切です。

パーマ液

パーマ液には、変色作用を促す成分が含まれています。付着してすぐに変色しなくても、後日着用するときやクリーニングの前後に変色に気づくことがあります。

ガス

ストーブの燃焼ガスや車の排気ガス(酸化窒素ガス)でも変色することがあります。とくにアセテートには起こりやすく、他の繊維にも可能性があります。変色させないためにも、衣類をストーブの近くに置かない、ガスが溜まりやすい場所に置かない、つねにガスがあたる環境に置かないようにしましょう。とくに、駐車スペースに隣接した部屋は要注意です。

ポイント
これらのほかにも、トイレやバスの掃除用洗剤、カビ取り剤、車のバッテリー液、消臭剤、整髪剤、香水等によって変色することもあります。