ホーム > CSR > コーポレートガバナンス

コーポレートガバナンス

ワールドのコーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方は、企業価値を継続的に向上させていくために、経営の透明性を高め、法令及び社会規範の遵守を前提にした健全で競争力のある経営管理組織及び経営の意思決定の仕組みを構築することであると認識しています。
このような認識のもと、次のような企業経営のための経営管理組織体制を確立し、コーポレート・ガバナンスを推進しています。

経営管理組織体制

会社の機関の内容

当社は監査等委員会設置会社制度を採用しており、取締役(監査等委員である取締役を除く)5名中社外取締役は2名、監査等委員である取締役3名中社外取締役は2名であります。
業務執行・監視の仕組みについては、取締役会に加えて取締役間にて随時打ち合わせを行い、効率的な業務執行及び取締役間の執行監視を行っております。

株主総会は取締役会と監査等委員会と会計監査人の選任・解任を行います。取締役会は代表取締役社長執行役員の選定・解職と執行役員・WELの選任・解任を行います。代表取締役社長執行役員はリスクマネジメント委員会と執行役員・WELの指揮を行います。執行役員・WELにはリスクマネジメント担当役員を置きます。執行役員・WELは各事業部及び関係会社に業務指示を出します。リスクマネジメント担当役員の下に担当部署を置きます。各事業部及び関係会社にはリスク管掌部門を置きます。監査等委員会は当社と業務執行取締役の監査を行います。会計監査人は当社の監査を行い、監査等委員会と連携を取ります。弁護士は当社の業務に指導や助言を行います。内部監査担当部門は各事業部及び関係会社の内部監査を行い、代表取締役社長執行役員に指示・報告を行います。