ホーム > CSR > コンプライアンス > 内部統制の推進

内部統制の推進

企業価値に重大な影響を及ぼすリスクを防止、低減させるため、リスクの識別を行い、管理対象とするリスクの特定を行っています。
リスク毎に管掌部門を設置し、リスクの防止、低減を推進するとともに、影響度統一基準によるリスクレベルに応じた危機管理体制を推進しています。
また、特定したリスクについて「発生可能性」「影響度」「統制の度合い」の3軸で評価を行い、内部監査による重点監査項目としてモニタリングを実施します。
取り組み方法を常に進化させながらワールドグループ全体の内部統制を推進しています。

[内部統制の推進]内部環境目的設定→事象識別→リスク評価→リスク対応→統制活動→情報とコミュニケーション→モニタリング→内部環境目的設定 のサイクル